読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眠る前に2杯だけ。

カードゲーム(WIXOSS)やアニメマンガ小説についておしゃべりします。

Re:CREATORS6、7話雑感

これを書いている時点で8話が放送されているのですが、遅ればせながら6、7話について。遅れたって良いじゃないか。

 

  • セレジアさんと颯太君

颯太君の部屋を訪れるセレジアさん、なんかエロいシチュエーションだなと思った僕は童貞脳。美人で気安くてなんだかエロい年上のお姉さんに妙に懐かれて構われるのは非コミュにとってはむしろ恐怖でさえある……!しかし5話ラストで帰宅してからすぐこのシーンだとすると、その程度の現状報告は電車の中でできなかったのだろうかと疑問に思います。なので現状報告にかこつけた携帯端末の見せびらかし、と言った方が良いのかもしれません。そう考えるとなんだかこの姉ちゃんカワイイですね。

これほど懐いてきたセレジアさんにさえ颯太君は軍服の姫君の情報を伏せる気満々。それは悪手やで颯太君……!しかしこれで言い出せないほどシマザキセツナさんに酷いことをしていた、ということなのかもしれませんね。颯太君最低だな!

 

  • アリスちゃんとメテオラさん

こいつらほとんど話する気が無いんだよなぁ。。アリスちゃんの聞く耳の無さもさることながら、メテオラさんももう少し話の運び方気をつけた方が良いのでわ?と思わざるを得ない。自説の押し付け合いじゃあ何も建設的な話はできないよ……。この辺実はセレジアさんが会話の主導権を握って話を進めたらもう少し穏便にすんだんじゃないかなとは思います。

アリスちゃんは軍服の姫君さんの言う「物語世界の改変」に縋り過ぎて盲目になっていて、そこをメテオラさんに突っ込まれていますが、正直なところメテオラさんの言うところの「大崩壊説」も「物語世界の改変可能性」と同じくらい無根拠なわけで、アリスちゃんからしてみれば「ソースは俺」の自説で自分の希望をdisってくるメテオラさんに怒るのは当然というか仕方ないんじゃないかなと。これはメテオラさんが悪い!

この「自分の感覚で相手を否定すること」は直前でマガネに対してアリスちゃんもやっていて、結果として両方とも酷いことになってるというのは印象的です。そしてそれを両方ともまみかが止めようとした、というのは重要そう。トレパク疑惑?で叩かれた?シマザキセツナさん周りのエピソードの詳細はまだわかりませんが、ネット上での叩きなんてまさに「自分の感覚で相手を否定すること」ですよ。Re:CREATORSという作品ではそれが作中悪なのかもしれませんね。

 

  • ブリッツトーカーとマガネ

空飛ぶオッサン改め、ブリッツトーカーさん。「暴力という愚かな手段でしか止められない相手もいる。あの軍服の姫君のようにな!(意訳)」というような発言をしていましたが、これはほとんど軍服の姫君に対して叛意があるという自白なのでは……?もう軍服の姫君を止めるためにあえて軍門に下ったとしか思えない……。

マガネはわからなすぎてヤバい。言葉を弄び嘘を嘘にして異能を使うマガネは誰よりも言葉を信用していないし、今回やって見せたように正義や理想なんて言葉ではどうとだって言えるわけで価値なんて見出してない。結局自分の感覚、自分の感じられるもの意外に価値を置いてなくて、一番喋るけど一番話の通じない奴なんでしょうね…こういう「自分の感じ取れるものだけに価値を置く」タイプは往々にしてバトルジャンキーになるので、遊撃的に戦場に現れるキャラクターになるのかな?被造物達の中で唯一なんらかの手段で金を手に入れていたわけですが、真っ当な手段なわけないしねぇ……。未来が無いようにしか見えないけど、そうでない結末があるなら期待したいところです。

 

  • 弥勒寺と鹿屋

空は飛べないけどなんか戦闘に関しては最強っぽい弥勒寺さんと、小回りは聞かないけどなんかでかくて最強っぽい鹿屋君が意外にも仲良くなっていましたが、お互い理想や正義といった正の方向性を相方に仮託している人間同士フィーリングが合った、ということなのでしょう。近所の悪い兄ちゃんに憧れる少年っぽくて鹿屋君に親しみが湧いてきた。

 

  • まみか

まみかがブリッツトーカーとメテオラの間に割って入った時、心の中で拍手を送りました。嬉しかったな……魔法少女はこうでなくては!

多分被造物の中で一番自分の価値観が揺れたまみかが、最初に敵陣営に渡りをつけるのは真っ当な流れですが、それでいて自分の感覚を捨てるのではなく保持したまま、むしろ信じるために相手の話を聞きに来た、相手を否定するのをやめたというのは素晴らしいなと思いました。自分が正しいということは相手が間違っているということじゃあない、ということを示してくれた。これは話し合いへの第一歩ですよ。まみかがんばって!

なんだこのイージス…化け物かよ

先日あった一場面。

f:id:higashida_san:20170524173319p:plain

まぁ普通に負けです。盤面で有利取られながらイージス出された段階で負けですわ。こうなると強いなイージス……。ホワイトパラディン進化で守護並べて延命する、という選択肢ぐらいはあったかもしれませんが、除去札あれば終わりですしその手に未来があるとも思えない。色々な意見があるかもしれませんが僕はこういう時、基本的にリタイアはしません。自分だったらやっぱり止めをさしたいよね、と思うのでそのままターンを返して相手に止めをさしてもらいます。それでいつも通りそのまま何もプレイせずにターンを返して……歯磨いて寝るか、と思って洗面所へ向かいました。寝る前にもう1戦しようと思っていたのでゲーム画面はそのまま。ここで勝敗を確認するまで待てば後の悲劇は防げたかもしれません。まさかあんなことになるとは……。

 

 

歯磨きから戻ってきた僕は、意外な光景に困惑しました。

「あれ?さっきの試合まだ終わってない?なんでや?」

しかし困惑は一瞬で、ゲーム画面を見ると納得。と同時に呆れ。対戦相手暇人なのか?まぁ深夜だし暇か。せっかくだから最後まで見守ろうと傍観。何もプレイしないターンが続くと1ターンの持ち時間が短くなるのか、一瞬で僕のターン終わってました。そしてついに来る終わりの時……これがその瞬間だ!

 

続きを読む

ドラネクナーフありがたいよー!! 頼むからこれでドラゴン消えてくださいお願いします!!

最近ドラゴンとマッチングしたら即リタイアしていたので、頼むよドラゴン……消えてくれ……(ロイヤル使いの願い)。

 

ライブラのエンハンスが無くなったのが本当に良かった。あれのせいで不滅の聖剣デュランダルが全然不滅じゃなかった。まぁバハムートで結局デュランダル折られるんですが。マシになった、マシになったよ。。

 

東田視点だとドラゴンはいまだにバハムートあって竜巫女あって何よりもコントロール殺しのウロボロスあって、僕の援護射撃ロイヤルじゃあ無理ゲーなのは変わらんと思うのですが、ライブラが無くなってネクロに対抗できなくなったドラゴンは使用者減るんじゃないかという希望があります。ネクロ相手は厳しいながらもなんとか戦えますし、ドラゴンに代わって出てきそうなイージスビショップもイケそう。本当にドラゴンさえ消えてくれれば……勝てるとは言わないまでも楽しくゲームできるよ…。

 

まぁ全てはこれからです。どのような環境になるかは楽しみですね。

包丁さんのうわさやってみた

いわゆるフリーホラーゲームというやつである。

 

人間新しいモノには忌避感があるもので、ここ最近のWEB小説の書籍化、フリーゲームの書籍化、ボカロ曲の書籍化なんかの新しいムーブメントに、僕は長いこと乗ってたまるか!という気持ちでいました。

 

しかしWEB小説の書籍化の波は容易に僕を飲み込み、今となっては原典のWEB版まで追いかけるほど。変な意地を張るのは止めよう。面白いものは面白い、それで良いじゃないか……と。

 

それで、まぁフリーゲームの書籍化も受け入れてしまおうと思ったわけです。今までけっこう興味をひかれるタイトルに出会ってきたので、本当に意地で敬遠していたんだよなぁ。

 

本を買って読む前に、せっかく無料なんだから何かプレイしよう。というわけでやってみました「包丁さんのうわさ」。願えば誰でも殺してくれる包丁さんという存在を呼び出す儀式をしてみたら参加者全員学校に閉じ込められて包丁さんにサーチ&デストロイされる…というお話。実際薄暗い校舎の中を包丁持った不死身の幼女に追いかけられたらめたくた怖いと思いますが、包丁さんのイラストがとてもキュートで、人を殺しても文章だけだと怖いとは全く思わなかった。包丁刺されるのは痛かったけど……むしろ主人公サイドが包丁さんを蹴飛ばしたり暴行を加えてるシーンの方が酷いと思ったぐらい。最終的なオチを見ると余計に包丁さんが哀れ。悪いのは誰かの殺害を願う人間の方なんやで……

 

しかし攻略サイト見る気満々で臨んだんですが、40分足らずで終わって驚きました。調べてみたら一応トゥルーエンドみたい。最初に窓から落ちて死んだ以外はコンティニューしてないんですけど、なんだこれ?奇跡なの?よくわかりません。

 

面白かったかと言われると正直微妙。でも包丁さんってけっこう人数がいるみたいなので、話は広げられそうですね。書籍の方は別の包丁さんの話になるんでしょうか。興味はあります。次は真夜中の人形使いをプレイする予定。

Re:CREATORS5話雑感

  • アルタイルとシマザキセツナと颯太君

今回は鹿屋君がキレたり公権力側からの接触があったりメテオラさんが可愛かったりカッコよかったりと色々ありましたが、ついに軍服の姫君とメガネ少女の名前が判明しましたね。ここを引っ張らないのは好感の持てる展開です。颯太君との関係も思っていた通りのものみたいですが、思っていた以上に颯太君酷いこと言ってそうなのが辛いところ。しかし颯太君……あんた……

 

 

 

 

2話で軍服の姫君見たこと無い知らないって言ってたじゃないかー!!!

 

 

なにが「どうして僕は、彼女を知っている……?」だよ。嘘かよ……。

 

  • 颯太君と日付感覚

だいたい颯太君はおかしいんですよ。フォーゲルシュバリエの放送は土曜日で、Re:CREATORS1話の日付は木曜日。なのに颯太君は

「(フォーゲルシュバリエの)今週分…まだだった……」

ですよ。放送日間違えすぎでしょ。水曜と木曜、火曜と木曜を取り違えるならまだわかりますが、普通木曜と土曜を取り違えますか。颯太君ポンコツじゃないか……?

 

  • 鹿屋と中乃鐘と颯太君

鹿屋君がロボットに乗らなくても意外に強くて驚いたり。これまで被造物達が現界する場面に居合わせたのは颯太君だけで、彼の特異性というか特権的な立ち位置に対する根拠になっていたと思いますが、あっさり中乃鐘さんも居合わせましたね。まぁそのすぐ後にセツナさんとの繋がりが判明して颯太君の立場は補強されましたけど、それでも何故中乃鐘さんと颯太君だけ特別に居合わせたのか?という疑問は尽きません。なんでや?それとも特別なのはセレジアさんと鹿屋君なんでしょうかね?あんまり鹿屋君に特別感ないけどなぁ。

 

 

 

5月6日WIXOSS PARTY参加してきました! ※5月10日追記しました

参加人数は12人。今回は直前に調整した赤宇宙軸のサクラ金木犀で参戦してみました。事前に1度身内でフリー対戦をすると、ドーナに快勝できたので多少自信はつきました。しかし彼は身内の中でも最弱。油断はできません。


デッキ名: 赤宇宙軸サクラ金木犀ver8
作成者: higashida
(デッキ作成サイトで見る)
ルリグデッキ
【ルリグ】
1×《タマヨリヒメ之零》
1×《焔 タマヨリヒメ之壱》
1×《轟轟 タマヨリヒメ之弐》
1×《火銃舞 タマヨリヒメ之参》
1×《金木犀の巫女 タマヨリヒメ》
【アーツ】
1×《龍滅連鎖》
1×《炎得火失》
1×《アイドル・ディフェンス》
1×《保湿成分》
1×《サード・ディスティニー》
メインデッキ
【シグニ】
4×《羅星 ≡タネガスペ≡》
3×《羅星 ≡コニプラ≡》
1×《羅星 ≡ノベアン≡》
2×《羅植 カーノ》
4×《サーバント O2》
1×《サーバント D2》
2×《羅星 カプスワン》
1×《羅植 ヤシ》
【スペル】
2×《堕絡》
メイン(ライフバースト)
【シグニ】
3×《羅星 ≡スペースパ≡》
2×《羅星姫 ≡ソラフレア≡》
2×《羅星姫 ≡コスモウス≡ 》
2×《先駆の大天使 アークゲイン》
4×《羅稙 サクラ》
1×《純朴の光輝 アグライア》
2×《聖火の祭壇 ヘスチア》
3×《幻水姫 ダイホウイカ》
1×《大幻蟲 §オタガメ§》



1戦目 アンシェントイオナ ×
以前ケモナーピルルクと当たった相手。正直AMSの様に耐性とアタック時パニッシュが同居したカードは無いので厳しさを感じます……。金木犀で全部開けてゲイン盤面構築しても、イオナのエクシード1で3面蘇生してゲインが飛ばされたりと散々でした。アーツ以外での防御手段持ってないと今の時代厳しすぎます……。お互いライフ0で攻防を続け、最終的にルリグアタックが通って負け。きちんと回ったうえで負けたので純粋な地力の差ですね。金木犀は限界、限界なのか…?


2戦目 真実リル 〇
以前party前にデッキ構築の手伝いをした(恐らく)初心者の人。多少カードが変わっていて、プレイングも以前より丁寧で成長を感じられる。普段はMTGをやっていてWIXOSSはあまりプレイしていないそうで、カード知識が乏しいのが厳しいところですね。金木犀にグロウしたら「最新のルリグですか!?」と言われました。新鮮な反応……!
相手は序盤かなり事故っていてレベル4に乗るまでにこちらはライフ5、あちらはライフ0になっていました。酷い差です。輪廻転生をアイドルで凌ぎ、ゲインで火竜点睛を突破して勝ち。


3戦目 4ハナレ(身内) ×
なんだかんだいつもこのデッキには追い詰められている気がする……。コスモウスやソラフレア「ライフ差を詰めるシグニ」を的確に処理されて思うようにライフ差を埋められず、パトラのハンデスでサーバントもキープできず最終的にルリグアタックが通り負け。こいつ、うまくなったな……。


4戦目 サシェループ(身内) 〇
ステアードサルベージを2積みした博愛サシェとジュピターでのループデッキ。まさかこんなデッキを作ってくるとは…意表を突かれました。しかしルリグデッキが圧迫される構築が災いし、アタック時除去をどうにもできないアーツ選択だったようでイカの暴力の前に為すすべなく轢かれていました。ステアードサルベージ2積みはどれも面白いデッキタイプなんですが、防御が紙になるのがね……。



4戦 2勝2敗
ルリグデッキが防御系アーツ以外で圧迫されているデッキにしか勝ててない問題。防御力、防御力が欲しいよ……



※5月10日追記

一緒に参加した友人の戦績も載せておきます。

使用デッキ:魔球イオナ

1戦目 散華ウリス 引き分け
エニグマを3回撃たれて涙目に。最終的に自分ライフ0アーツ3、相手ライフ2アーツ2で時間切れ引き分け。エクシード1枚、コイン2枚残っていたのでそのまま続けても恐らく負けただろうとのこと。耐性持ちが欲しいところだと。



2戦目 救念リル 引き分け
サイスパを投入してからリルとは戦いやすくなったと。最終的にライフ0アーツ3枚、相手はライフ1アーツ1枚で時間切れ引き分け。時間があればうまく詰められたんじゃないかとのこと。


3戦目 ミュウ・フリー(身内) 〇
コスモウスの連続アタックが光り、最終的にライフ0アーツ4枚残して勝ち。デッキ内容をお互いよく知っていたのも大きい。


4戦目 ドーナ4(身内) 引き分け
お互いプレイングの遅いプレイヤーで案の定引き分けたとのこと。


戦績 4戦1勝3分
相変わらず引き分け製造機と化している友人。

友達のデッキ紹介シリーズその1 魔球イオナ(暴風シンカー軸アンシェントイオナ)


デッキ名: 魔球イオナ(暴風シンカー軸アンシェントイオナ)
作成者: higashida
(デッキ作成サイトで見る)
ルリグデッキ
【ルリグ】
1×《ネプト/メイデン イオナ》
1×《ペイル/メイデン イオナ》
1×《アンシエント/メイデン イオナ》
1×《恋慕の巫女 ユキ》
1×《愛縛の巫女 ユキ》
【アーツ】
1×《フォーカラー・マイアズマ》
1×《フーリッシュ・マイアズマ》
2×《暴風警報》
【レゾナ】
1×《ホワイトメイズ ホデサパ》
メインデッキ
【シグニ】
3×《下町の酔魔 センベロ》
2×《好色の罪人 ベルフェーゴ 》
3×《堕落の砲娘 メツミ》
1×《コードアンチ カイヅカ》
1×《極剣 ゴッドイーター》
2×《サーバント D2》
1×《羅星 アルファード》
1×《幻獣 アカズキン》
2×《幻獣 ぷにとー》
3×《思索の体現 *シンカー*》
1×《羅植 ヤシ》
メイン(ライフバースト)
【シグニ】
4×《千夜の夜王 イフリード》
1×《コードアンチ メイジ》
3×《コードアンチ ゼコフン》
2×《コードメイズ 凱旋》
1×《コードメイズ バベル》
4×《サーバント O3》
2×《幻蟲 §アメンボ§》
1×《羅星姫 ≡コスモウス≡ 》
2×《コードメイズ サイスパ》

 

 

僕は友人のデッキもLinkageに載せていますが、blogにも載せてくれとデッキレシピを送りつけられたので紹介します。しかもデッキ解説は東田任せということで、他人のデッキの解説を想像ですることに。そんなんでいいのか。

 

シンカーが登場したころ、僕はあまり強いとは思えませんでした。というのも結局トラッシュにシンカーが見えていたら暴風撃たれた時点でアタック止めますよね?それで全面止まるのは良いかもしれませんが、シンカーの本分として微妙じゃないかと。そういう風に友人に伝えると彼は「イオナで強制アタックをかけていれば暴風シンカー成功する。トラッシュにシンカーが無い状態でホデサパからシンカーを切って暴風を仕掛けると奇襲力もある」と言い始めました。

何この人、天才なの?

じゃあ作ってきてよ。というのがこのデッキのスタート地点でした。それ以来マイナーチェンジを繰り返しながら使い続けているので、歴史はそれなりに長いです。今回はその最新版として改めてLinkageに載せますが、初期のレシピもLinkageに載せていて、これが僕が載せたデッキの中では最も閲覧数を稼いだデッキでしたね。

 

メインデッキはバニラ型、古代兵器型、迷宮型と変遷を続け、ルリグも以前はフルメイデンだったり色々ありましたが、現在の形は悪魔を中心にしたアンシェントイオナの形になっております。以前の形では乏しかった序盤の攻撃力をイフリードベルフェーゴでまかない、メツミやアンシェントイオナのエクシード1でトラッシュ発動のカードを貯めながらセンベロでアドに変換できる、という辺りが悪魔に目をつけた理由だそうです。基本的には暴風シンカーその他で相手ターンに盤面を開けてそこから攻撃を通していくスタイルなので自ターン中に盤面をこじ開ける手段はほとんどありませんが、アーツ1枚でほとんど全面守れる防御力や、イオナのエクシード、何度も使えるホデサパ、様々なトラッシュ発動のカードで相手に息切れを押し付けて持久戦に持って行ってしまう手腕はかなりのものです。よくこのデッキと戦う対戦相手としては、18弾でトラッシュ発動が増え、悪魔型になってからかなり序盤から終盤まで安定して戦えるデッキになったような印象があります。とても面白くて個人的にはすごく苦手なデッキなのでWIXOSS PARTYでも実績を残して欲しいものですが、残念ながら本人の長考型のプレイスタイルも相まって時間切れ引き分けを量産しています。いやー強いデッキだと思うんですけどねー!


以下、個人的に採用が面白いと思ったカードの解説

なんでわざわざバニラ?と思いましたが、15000のシグニを戦闘で処理できる白シグニ、と探していくとゴッドイーターに行き着いたらしいです。トラッシュを封殺するヘルボや、シンカーその他が効かないシグニ耐性持ちなどをとにかくなんとかできるカードとしての抜擢。ある程度フーリッシュマイアズマの登場で楽になりましたが、戦闘ででも処理できるシグニがいるというのは心強いものです。特にサーチも無い中のピン投ですが、ぷにとーで捲れたりもするのでけっこう手札には来るそうな。

  • 羅植 ヤシ

パニッシュ、バウンス、ハンデスと様々な能力がありますが、主な採用理由はトラッシュからの緑シグニの蘇生効果。このデッキは暴風警報を使用するエナの確保が難しく、とにかく緑のシグニを相手に殴ってもらう必要があります。ヤシの役目は一度使った緑エナ、トラッシュにある緑シグニを蘇生して緑エナを確保すること。少し迂遠ではありますが、黒エナを緑エナに変換するカード、という捉え方ですね。イオナの強制アタックがあってこその働きだと言えると思います。数少ない能動的な攻撃手段なのでそういう活躍も期待できるかもしれません。


  • 幻蟲 §アメンボ§

最初に見たときはバベルや凱旋、ホデサパの手札コストとして切ってパワーマイナスを飛ばすためかと思っていましたが、本当の姿はホデサパとの組み合わせにありました。例えば自陣が3面空いている状態でアタックフェイズに入られた時など、
マイアズマでアメンボを蘇生
→手札を2枚切ってホデサパ
→1回目のアメンボの効果で正面をダウン
→ホデサパで相手陣を入れ替え、自陣が開いている所にダウン状態のシグニを移動
→2回目のアメンボの効果で正面をダウン

という手順を踏むことで相手の強力なアタック時効果を持ったシグニを2体までダウンさせながら3面守ることができます。自陣が空いていない状態でも、フーリッシュマイアズマで自分のシグニをパニッシュできるので同じように動くことができ、シグニ耐性を持ったシグニ以外はアタックもさせてもらえません。初めてこれをやられた時は芸術的な動きで感心しました。

 

と、今回はこんな感じで。まだこの形になってからは本格的にはWIXOSS PARTYに参加していないので、これでどういう結果が出るか楽しみです。