眠る前に2杯だけ。

カードゲーム(WIXOSS)やアニメマンガ小説についておしゃべりします。

謹賀新年!1止め福ルリグ大会に参加してきました!

いったいどれほどの人間がわざわざ1止めデッキを作って参加するのだろう?……と思っていましたが参加人数は9人でした。使用デッキは以下

デッキ名: 福ルリグ用クラクラユキ
作成者: higashida
(デッキ作成サイトで見る)
ルリグデッキ
【ルリグ】
1×《恋慕の巫女 ユキ》
1×《再来の巫女 ユキ》
【アーツ】
1×《スピリット・サルベージ》
1×《ピンチ・ディフェンス》
2×《クラス・クライシス》
1×《ダーク・マター》
1×《ブラック・コフィン》
1×《アンダー・ワン》
1×《ストール・ストーリー》
メインデッキ
【シグニ】
2×《コードメイズ タワブ》
4×《コードメイズ テッサク》
2×《コードメイズ リンダー》
1×《コードアート †D・M・F†》
【スペル】
2×《THREE OUT》
2×《TRICK OR TREAT》
1×《THREE SWITCH》
2×《トーチュン・ウィップ》
4×《選択する物語》
メイン(ライフバースト)
【シグニ】
2×《コードメイズ コンメロ》
4×《サーバント O》
4×《コードアート K・E・Y》
2×《コードアンチ ドロンジョ》
2×《サーバント O3》
2×《コードアート B・E・C》
4×《小砲 アルマイル》

以前ごちゃごちゃ言っていた通り、ゲットアップ二鳥タマ等の強力なルリグアタックをクラスクライシスでメタる、というところを意識したデッキです。恐らく多いだろうリミットを0にしてくるサシェ相手にはアンダーワンとコフィンでがんばる。アンダーワンのコストを賄いやすいように、イオナのユニークスペルではなく青シグニをパニッシュできる選択する物語を優先的に採用。青シグニはクラスクライシスのコストを考えて精械のKEYとBEC
1面開ければ最大打点になる福ルリグ大会の性質を鑑みて、攻撃手段はコンメロとタワブのバウンス、アルマイルのみ採用しています。トーチュンも多少は役に立つかも。
その他ピン刺しのカード、黒DMFはクラスクライシスで出せるアルマイルに焼かれない黒シグニ、という理由から採用。
THREEswitchは3体並べられないので最高のパフォーマンスは出せないですが、アンダーワンで打ち消されないドロソ、というだけでも価値があると思い採用。効率で言えばピルルクのPreciousと同じですし。最初はガン積みしていたんですがさすがに青2エナは重くてTHREEOUTとトリトリに分散させてこの枚数構成になりました。1止め大会はあまりドロソを必要としないようにも思うんですが、ピーピングアナライズという化け物ハンデスがある以上はある程度のドロソスペルは必要じゃないかと考えた次第です。



1戦目 ゲットアップ二鳥オーラタマ(身内) 〇
奇しくも主に念頭に置いていたデッキタイプとの初戦。というか前日に調整に付き合ってもらって勝ち越していたので幸先の良い相手です。
しかしゲットアップ、二鳥、アークオーラを集中させずに分散させ、こちらのルリグアタックメタアーツを消費させようとしてきたのは流石のプレイングと言わざるを得ない。ストールストーリーで利用されないようにピンチディフェンスも最後まで切らなかったのだから恐れ入ります。
最終的に相手の渾身のオーラ二鳥を最後のクラスクライシスで凌いで返しに勝利。
前日の調整で最後まで温存していたアーツがまさか2枚目のクラスクライシスだとは思うまい……クククッ……と思ってたら本当にハマって驚いたw
まさに盤外の情報戦術!騙し打ちスマンかった……


2戦目 ピーピングアナライズピルルク 〇
先攻はこちらが取れたので「先攻トライラックピーピングアナライズ」という化け物ムーブはされずに済みました。というか事前に相手のデッキがピルルクだとわかっていたのでマリガンの段階で意識してスペルをキープしてました……これが情報戦術!
対戦相手はアルマイルの存在を失念していたようで、最後までこちらのアルマイルに苦しんでいました。そのままアルマイルで押し切って勝ち。さすが「福ルリグ大会のダイホウイカ」の名をほしいままにしているシグニだけのことはあります。


3戦目 龍滅ロックユーピルルク ×
お互いにアンダーワン、ブラックコフィンを積んだデッキで、相手の何を打ち消すか、どこまで打ち消すかの駆け引きがメインの戦いになっていたような。攻め手で言えばこちらの方が多くて、残りアーツは相手が2こちらが5とそこでは優位に立っていたんですが、ピルルクのロックユーの存在をすっかり忘れるという最悪のプレイヤースキルを発揮して詰められて敗北。ぐぬぬ。先にスピサルを撃っておけば……あるいは1ターン前のスペルを打ち消さずに通しておけば……


4戦目 5色ピルルク 〇
ピルルク3戦目。つーかピルルク多くない?他にリメンバが一人いたらしいので実質9人中4人がピルルク。後はタマ、サシェ、リワト、アルフォウ。……あれ?僕がメタったデッキタイプって一人しかいなくない?初戦は奇跡のマッチングだったんだなぁ……。メインフェイズで面開けをしない、ルリグアタックを強化しない相手にはクラスクライシスが基本的に腐るので2戦目からずっと苦しい。
相手のデッキが5色なのが相当足を引っ張ったようで盛大な青エナ不足をおこして事故っていました。CRYSTALSEALを序盤にコフィンできたのも追い風。まぁピルルク相手の全試合でCRYSTALSEALはコフィンできましたが。最終的に防御アーツを撃てるエナ色が賄えなくなり、こちらの勝ち。地味にタワブのパワー3000になる効果がアルマイル相手には刺さりました。
しかしピルルク使いは皆threeswitchを見ると怪訝そうな顔をしてましたがそんなに変な選択か?あなたのとこのPreciousさんと手札増やす力は同じやで……。


戦績4戦3勝1敗
3戦目のロックユーが悔やまれる。あれは完全に僕のケアレスミスなので……
しかしトップメタだと思っていたサシェやタマが大していなくて拍子抜けというかなんというか……驚きました。おかげでアーツが腐ったぞどうしてくれる!ちなみに優勝者はサシェ(身内)だったので大会後にフリーをしましたがここではギリギリ勝てました。やはりルリグアタックメタだけでなくアタックフェイズにシグニを出せるクラスクライシスは、サシェ相手にも多少は働くんですよ…悪くない選択だった、と思いたい。大会にもっとサシェタマいればなー。

福ルリグ用デッキを作っているが混迷を極めていてもうわけわからん

最初は

  • 既存の次元ナナシを調整しただけでお茶を濁そう

 

と考えていたけど、そこから

  • トラップで自在に守れるだろうあーやを作ろう

 

にシフトしたが、この時まで福ルリグがレベル1以外のシグニを入れられないことを知らず、普通にレベル4のトラップシグニを入れる気満々だったので変更を余儀なくされ、そこでようやくサシェがリミットを0にしてくることを鑑みて

  • シグニ出さなくても行けるように輪廻遊月にしよう。夢幻の最果連打でレベル1にグロウしまくるよ!

 

と思い直したはずが唐突にハンデスしたくなって

  • スペルガン積みSHOOTINGガン積みトライラックピーピングアナライズ!

 

を組んでみたは良いモノの全く回らず挫折し、ふとLinkageを見るとゲットアップ二鳥タマというデッキが示唆されており、そのあまりの暴力性に震えルリグアタックへの対処を考えざるをえなくなった。

しかし何故かここで、ただルリグアタックを止めるだけじゃあつまんねぇな!と思ってしまってクラスクライシスでルリグの能力を消す方針を打ち出してしまった。

クラスクライシスを使いたいという欲望に抗えなかった……。というわけで、クラスクライシスで出して強い精械は福ルリグだとテッサクじゃね?という考えから

  • ラクラテッサクユキ

 

を構築(←今ここ)。一人回しをしていると、全くイケてる感じがしない。そもそもクラスクライシスだと二鳥のガード制限を防ぐことはできないし、テッサクはこの福ルリグ環境を席巻するであろうシグニ・アルマイルに対しては無力。サシェのリミット0攻勢も結局アンダーワン頼り。

おかしい、僕は福ルリグ環境に対応しようとデッキを考えていたはずなのに、どれも対策できていない。どこで間違えた?僕はどうしたらいいんや……。

blogを放置してたらいつの間にか年が明けた

あけましておめでとうございます。

引っ越しでゴタゴタしてたので&めんどくさかったのでblog放置していました。その間にもちょくちょくWIXOSS Partyには参加していたんですけどねー。

 

2017年はこのblogを始めたりそれ以外でも色々ありましたが、非コミュの僕としてはまさかカードゲームの大会で知り合った人たちと仲良くなって他でも遊ぶようになるとは思ってなかったので、それが一番大きな出来事だったような気がします。

 

面白いアニメも面白いマンガも面白いラノベも面白い小説もこの世には溢れていて楽しく遊ぶ友人もいて、とても充実した一年でした。非コミュ非リアを自認する僕ですが、「妹さえいればいい」なんかで描かれるようなオタク的充実ライフに一歩ずつ近づいて行っている感はありますね。

 

まぁ正直、リア充的生活に対する憧れなんてまったく無いものなー。彼女が欲しいとかも全然思わない。そりゃあ微塵も欲しくない、というと嘘になりますけど、それほど積極的な欲求は無い。リア充も全然楽しそうに思えない。だってアニメ見てマンガ読んでカードゲームするのの方が楽しいもんねマジで。

 

今年も楽しいオタクライフを送れますように!

 

 

12月の読書記録





(P[ん]1-16)寮の七日間 (ポプラ文庫ピュアフル)

(P[ん]1-16)寮の七日間 (ポプラ文庫ピュアフル)

キネ旬総研エンタメ叢書 “日常系アニメ”ヒットの法則

キネ旬総研エンタメ叢書 “日常系アニメ”ヒットの法則

竜騎士07インタビューズ 完全版 (星海社文庫)

竜騎士07インタビューズ 完全版 (星海社文庫)

11月の読書記録

イモリ201(1) (ヤングマガジンコミックス)

イモリ201(1) (ヤングマガジンコミックス)

イモリ201(2) (ヤングマガジンコミックス)

イモリ201(2) (ヤングマガジンコミックス)

イモリ201(3) (ヤングマガジンコミックス)

イモリ201(3) (ヤングマガジンコミックス)

イモリ201(4) (ヤングマガジンコミックス)

イモリ201(4) (ヤングマガジンコミックス)





僕の探偵 (創元推理文庫)

僕の探偵 (創元推理文庫)

生存賭博 (新潮文庫nex)

生存賭博 (新潮文庫nex)

ふたつの星とタイムマシン (集英社文庫)

ふたつの星とタイムマシン (集英社文庫)

テキスト朗読会の会場はここではありません。

と、言いたいことがたまにある。

なんていうかね。

こう「このカードは強い」的な主張をしたい時に、ただテキストを読み上げるだけの人ってたまーにいるじゃないですか。例えばダイホウイカを持ってきて「このカード、アタックフェイズに2枚ドローできるんですよ!しかもアタック時に除去もできる!」みたいにわざわざ説明してくるような人。

あれ、なんなの?

といつも思うんですよね。何がしたいの?鬱陶しいんだけど?と。カードに書いてあることをそのまま言ってるだけで、何を伝えてるつもりなの?そんなことは当然みんな知ってますよ。だってそれはカードに書いてあるただの「事実」だもの。テキストだもの。

 

これが新カードの先攻情報なり発売直後だったりした場合は理解できますよ?

でも既存のカードについて、テキスト読めばわかることor読まなくても周知のことをしたり顔で「解説」する人間の気が知れない。まさかこの人達は僕のことを日本語読めないボーイだとでも思ってるのかな?万が一そうだったなら失礼な話ですよまったく。

 

なんで急にこんな話をしているかと言うと、まさについ先日のWIXOSS PARTYでテキストの朗読会を開かれたからでして。少しばかりイラっとしたので吐き出してみました。*1

僕が他の参加者のデッキを拝見している時に、横から急に「このカードは云々」とテキストの朗読会の始まりですよ。大変煩わしかった。その場にそのカードの効果を知らない人がいるわけないじゃないですか。僕は直接カード見てるし、そうでなくても効果知ってるし、もう一人はデッキの作成者ですよ?テキストを読むだけで自分の意見も話さないなら黙っとけや何のために口を挟んだんだ?って思いました。

 

つまり何が言いたいかというと、

うるせー

ってことですね。

喋るならもっと面白いことを喋れ

 

 

僕自身が面白いことを喋れてるかというとそれは断言はできませんけど。TCGの話じゃなくても、例えば友人とアニメの話してて、結局ストーリーの話しかできなかった時なんかはその度に反省するしね。自分ことはとりあえず棚に上げるよ!

まぁこんな些細なことで多少でも苛立つなんて心狭いね、と言われたら反論できませんけど、やっぱり自分が感じたこと考えたことを話さなければ面白くないと思うんです。遊んでんだから面白いことしましょうや。誰が見てもわかりきったことを話すなんて何も話してないのと一緒で、それよりは頓珍漢で間違った考えだったとしてもそっちの方が良いと思うけどな僕は。以上、愚痴でした。

 

 

そういえば 

上の話とは少し違いますが、同じくつい先日のWIXOSS PARTYで友人が他の参加者と新弾のカードの話してて、これまた「テキストを読み上げられて」いて、僕は多少イライラしてたんですが*2友人は「へー!そんな効果が!ふんふんなるほど!」みたいな相槌打ってて、これが大人の対応か!と感心しました。しかもこの友人、その数時間前に僕にそのカードを組み込んだデッキの具体的な話もしていたのに……大人や……僕の負けだよ……

*1:ここまでの僕の言い草にイラっときた人はスマンね。

*2:まぁでもこの人はその後ちゃんとどういう運用をするか~とか突っ込んだ話もしてたしそもそも新弾の情報だから良いんですけどね。この時は直前にテキスト読み上げを喰らってたので気分が悪かった。

デッキ調整中 サクラ金木犀ver10

11月4日、11日とWIXOSS PARTYに参加してたんですが色々あって対戦内容を忘れてしまいました。今更レポートするのもアレなので、デッキ紹介でお茶を濁したいと思います。この2回のWIXOSS PARTYを経て調整を重ねたのがこれから紹介するサクラ金木犀です。お店で「Version何です?」と聞かれた時は8と答えましたが、Linkage先生の記録によると10らしいです。ver9は1回しかPARTYに出してないのでもう幻のデッキでしたね。ちなみにver9はこれ
higashida-san.hatenablog.com
金木犀でPARTYに参加するたびに、起動能力に使用タイミング「アタックフェイズ」付いてくれねぇかなー、とか、ぼやいてしまう東田ですが、決して金木犀を見限ったわけではありません。東田=金木犀と光栄にも思ってくれているPARTY参加者からは、「今回はレインボーアートちゃんと入ってます?www」とか微妙に煽られますが、レインボーアートも諦めてないよ!?でも環境がそんな悠長なこと許してくれないんや……



デッキ名: サクラ金木犀ver10
作成者: higashida
(デッキ作成サイトで見る)
ルリグデッキ
【ルリグ】
1×《小金の巫女 タマヨリヒメ》
1×《金輝の巫女 タマヨリヒメ》
1×《金木犀の巫女 タマヨリヒメ》
1×《タマヨリヒメ之零》
1×《火銃舞 タマヨリヒメ之参》
【アーツ】
1×《スピリット・サルベージ》
1×《龍滅連鎖》
1×《火電一閃》
1×《金剛不壊》
1×《ダーク・コグネイト》
メインデッキ
【シグニ】
4×《探求の思想 ハニエル》
1×《聖笏の威光 ハシュマル》
2×《羅星 リンゼ》
2×《忘得ぬ幻想 ヴァルキリー》
2×《羅植 カーノ》
1×《幻獣 ベイア》
4×《サーバント O2》
【スペル】
2×《ゲット・インデックス》
2×《堕絡》
メイン(ライフバースト)
【シグニ】
2×《聖火の祭壇 ヘスチア》
2×《双演の趣向 *サブカルズ*》
4×《羅稙 サクラ》
2×《サーバント O3》
2×《懐古の音色 リコダス》
2×《美濃の油蝮 ドウザン》
2×《羅星姫 ≡ガーネットスター≡》
2×《羅星姫 ≡コスモウス≡ 》
2×《弩砲 チタイクウ》

まずVer9から10への更新を目指した理由ですが、これはアイアースチタイクウの存在がかなり大きいです。
アイアースチタイクウ、これはかなり強い盤面ですよね。耐性もあってルリグに連パンとダブクラ付与して相方サーチして除去もして……。金木犀の出現時でアイアースさえサーチすればそれだけで結構な圧力をかけられる盤面を構築できるので、Ver9ではよくお世話になりました。ですが、僕は気づいてしまったんです……伍改の猿真似をしても、他のデッキでよく作られる盤面を作っても、面白くない!同じことをしたところで結局劣化コピーにしかならない!アイアースチタイクウは確かに強い……でも、強さを追い求めるあまり僕は大切なことを忘れてしまっていました。個性って大事です。
まぁそうでなくとも下手したらサクラと金木犀起動で盤面掃除するよりもアイアースチタイクウを雑に並べただけの方が強いというのには忸怩たる想いがありました。だから本当に強くて、使いたいんだけど、まずはアイアースチタイクウを抜く、そこから始めよう。そう考えてのVer10です。後悔はしていない(している可能性も微レ存)。


では代わりに何を組み込むか?と考えて行って、まずパッと思いついたのが非限定でも優秀なカードの揃っている宇宙でした。もともとコスモウスは採用していましたし、ガーネットスターやソラフレアも強力。タイミング良くリンゼという強シグニも出てきて、ある程度宇宙でまとめられればカプスワンでリンゼのサーチも可能……これはイケるな!と思って回してみたんですが、リンゼをサーチするならわざわざ宇宙を指定して切らなければならないカプスワンより特に指定をしないハニエルの方が良い、という単純な事実の前に打ちのめされました。そしてそれはある程度デッキを宇宙でまとめる意義をも粉砕しました。なのでまた別の路線を考えることに。


まぁ宇宙でまとめる意義がなくなったとは言ってもコスモウスは強いですし、条件は有ってもノーコスト出現時パニッシュのガーネットスターもサクラと相性が良い以上採用はしました。そうなると……チタイクウも出現時パニッシュとして強いよね、ってことでカムバック。……ア、アイアースは入ってないんで!

加えて、アタック時除去要員としてサブカルズも採用しました。ここのチョイスは正直イカでも良いんじゃないか?と思わないでもないですが、それでもあえてサブカルズなのにはいくつか理由があります。結果的にその理由が構築をこの形にした原因になっているように思います。
まずこのデッキは、サクラを並べて堕落や金木犀起動などでエナを増やすorキープしながら盤面を処理していくのを目指すデッキなんですが、相手にエナを絞られるようなプレイをされるとそもそも堕落や起動効果のエナを捻出できない場合があるという問題を抱えていました。その辺はガーネットスターの出現時パニッシュに活躍してもらうしかなかったのですが、常々ユニークスペルを採用して能動的にエナを増やせる体勢を整えたいと思っていました。ただ肝心のタマのユニークスペル「ゲットインデックス」は白のシグニをサーチする効果で、これまでサーチしたい白のシグニを全然採用しない構築をしていたので躊躇していたんですよ。まぁ別にヴァルキリーでもサーチすれば良いんでしょうが、せっかくならレベル4で攻撃的に運用できるシグニもサーチしたい。というかそうでないとあんまり綺麗な構築じゃない。そういう「ゲットインデックスのサーチ対象で攻撃的に運用できるシグニ」という需要を満たしてくれるのが、サブカルズだった、というわけです*1。サブカルズ自身もパニッシュされるとエナチャージする効果を持っていて、ゲットインデックスと相性が良いとも言えますしね。


もう一つの理由は少し経緯が前後するんですが、サブカルズの採用を考えている時に精像カテゴリに目を付けまして。マストで採用するだろうヘスチア、ヴァルキリーは天使で精像だという後押しもありますし、他のシグニをある程度精像を意識してまとめられたらダークコグネイトを採用できて、そうするならハシュマルも採用して1ショット系もケアできるしサクラを並べた時の自ターンメインに1エナで2体パニッシュするモードを選択するのもなかなか良さそう。サブカルズのLBでサーチする用の緑美巧=リコダスも、アーツ外の防御手段を持ってないと今の環境厳しすぎる、という常日頃の感覚にもジャストで対応してくれている。なんというか、サブカルズの採用でいろんなことが綺麗につながったように思いました。こういう綺麗だと思った感覚は大事にしていきたい……というわけで出来上がったのが上のデッキレシピです。ドウザンは赤、レベル1、精像のシグニという理由で採用しています。精像のカードは合計15枚で、多くはないが少なくもないレベル。サクラがそもそも精像じゃない以上仕方ないことですし、回してみるとこれでもコグネイトのコスト軽減は不自由なくできましたので問題なしです!


と、ここまで書きましたが気が付けばビトレイドセレクターも発売しており、待望の赤緑青天使が登場しました。特に緑天使が嬉しくて、これで黒アークホールドの効果でサクラをサーチできるようになります!なのでこのレシピももう少し調整が入ることになりますね。まぁしかしせっかくここまで書いたのでここで公開しておきます。そのデッキでまたWIXOSS PARTYに参加すると思うので、どういうデッキになったかはそこで話したいと思います。。

*1:ぶっちゃけアイアースはこの需要をも満たしてくれていました。