眠る前に2杯だけ。

カードゲーム(WIXOSS)やアニメマンガ小説についておしゃべりします。

2月3日WIXOSS Party参加してきました!

いつものことながら新鮮味の無いデッキしかない。

なので店舗に到着してから友人にカードを借りて百折不灯を調整。それで出ようとしていたんですが……まさかのルリグデッキ不携帯!なんでメインデッキがあってルリグデッキを持ってないんだ……。結局すぐに用意できたアンミラウリスで参加。人数は9人。

 

1戦目 ハナレ ×

序盤事故って満足に盤面も埋められず、こちらがレベル4に上がった時にはライフ0という事態に。なのでそこからデスパレードで回復したのですが、そこでルーレットを蘇生すれば3エナでもう1点回復できる!と気づいてしまってついつい追加回復。しかしそれでアーツを撃つエナがなくなってしまい、パトラでアンミラを躱しつつ盤面を処理されてそのまま敗北。

つい、嬉しくなってしまったんです……ルーレットのライフ回復効果が使えることなんて、そうそう無いから……嬉しかったんです……。

 

 

2戦目 3止めあーや(身内) 〇

BECやタカアシで相手を凍結してフリーズスルーでアサシンするあーや。FISHINGでパーツを集める動きができるのはなるほど強い。しかし引き換えにトラップは弱く、盤面を開けない攻勢に対しては対処が限られるので厳しいかな?と思っていましたが何とかなりました。

序盤事故りましたが相手も大して回っていなくて助かった。

 

 

3戦目 アロスピルルク 〇

今回も事故る。展開に全力過ぎて手札が全然維持できない。しかしそれが功を奏して対戦相手のレーストルネードを封じることに成功。そんなつもりはなかったのだけれど結果オーライです。相手もアンミラを乗り越えるのに手札を大量消費してくれていたからこそですね。

終始手札が無くて苦しかったんですが、ギリギリのところで相手のサーバント切れで勝利。相手も苦しかったらしい。

 

 

4戦目 ゴールデンサンカーニバルMAIS ×

 何度か戦ったことのある相手&デッキ。

今回も事故る。終日事故る。相手も事故る。事故ばっかりや……。でも相手のデッキは事故っても問題ないくらいのデッキだからなぁ。嫌な立ち上がりです。

苦労して出したアンミラをサーバントゼロにしてくるカーニバルMAISは本当辛い。アンミラさえいてくれれば……。最終的に相手のルリグアタックを止められずに敗北。相手はまだ自由自罪を残していて、こちらはアーツを全て吐ききっていたので完全敗北ですね。

 

戦績4戦2勝2敗

なんか一日デッキが回らなかった。やはり「遊月の代わりに仕方なく使ってる」感がデッキに伝わったんだろうか。ウリスさんすみません。

 

 

 

1月の読書記録




眼球堂の殺人 ~The Book~ (講談社文庫)

眼球堂の殺人 ~The Book~ (講談社文庫)

螢 (幻冬舎文庫)

螢 (幻冬舎文庫)

死神の浮力 (文春文庫)

死神の浮力 (文春文庫)

オー!ファーザー (新潮文庫)

オー!ファーザー (新潮文庫)

仙台ぐらし (集英社文庫)

仙台ぐらし (集英社文庫)

ジャイロスコープ (新潮文庫)

ジャイロスコープ (新潮文庫)

謎好き乙女と明かされる真実 (新潮文庫nex)

謎好き乙女と明かされる真実 (新潮文庫nex)

魔法科高校の劣等生〈1〉入学編(上) (電撃文庫)

魔法科高校の劣等生〈1〉入学編(上) (電撃文庫)

魔法科高校の劣等生〈2〉入学編(下) (電撃文庫)

魔法科高校の劣等生〈2〉入学編(下) (電撃文庫)

魔法科高校の劣等生〈3〉九校戦編(上) (電撃文庫)

魔法科高校の劣等生〈3〉九校戦編(上) (電撃文庫)

魔法科高校の劣等生〈6〉横浜騒乱編(上) (電撃文庫)

魔法科高校の劣等生〈6〉横浜騒乱編(上) (電撃文庫)

魔法科高校の劣等生(7) 横浜騒乱編<下> (電撃文庫)

魔法科高校の劣等生(7) 横浜騒乱編<下> (電撃文庫)

迷路館の殺人<新装改訂版> (講談社文庫)

迷路館の殺人<新装改訂版> (講談社文庫)

ネオカル日和

ネオカル日和

首折り男のための協奏曲 (新潮文庫)

首折り男のための協奏曲 (新潮文庫)

迷路館の殺人<新装改訂版> (講談社文庫)

迷路館の殺人<新装改訂版> (講談社文庫)

人形館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)

人形館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)

1月27日WIXOSS Party参加してきました!

また変わり映えのしないデッキでの参戦か?と思っていましたが、今回は店舗に到着するのが少し早かったのでその場で調整したリルデッキで参加することにしました。参加人数は13人。

デッキ名: 火竜が撃ちたいリル
作成者: higashida
(デッキ作成サイトで見る)
ルリグデッキ
【ルリグ】
1×《純真の記憶 リル》
1×《相恩の記憶 リル》
1×《明滅の記憶 リル》
1×《蒼天の記憶 リル》
1×《真実の記憶 リル》
【アーツ】
2×《火竜点睛》
1×《クライシス・チャンス》
1×《イノセント・ディフェンス》
1×《ダーク・コグネイト》
メインデッキ
【シグニ】
2×《一揆の黄兵 コウキン》
4×《肥後の虎将 カトキヨ》
3×《戦乱の一輪 オイチ》
3×《乙女の円卓 エレイン》
1×《忍猿の十勇 サルトビ》
4×《サーバント O2》
【スペル】
2×《戦意の箱舟》
1×《神流の一振》
メイン(ライフバースト)
【シグニ】
2×《一途の帰蝶 ノヒメ》
2×《野生の土躰 エンキド》
4×《暴食の暴君 トウタク》
2×《美学の海賊 リリアナ》
2×《隠密の十勇 サイゾウ》
3×《矜持の豪魔 オダノブ》
2×《十字の炎槍 サナユキ》
3×《武装の全知 ギルガメジ》

今回の構築はトウタクとカトキヨをガン積みする形になっております。前回の形は火竜点睛を安定して撃つための回答として「エンキドでライズをデッキに戻す」という形にしていたんですが、これには終盤デッキ内の比率がライズに傾き過ぎてロクなライズ元を出せなくなる、という欠点がありました。なのでライズをデッキに戻す手段をリフレッシュに求めたい、とは常々思っておりまして、この役割をトウタクに求められないか?という発想のもとこういう形になっております。トウタクは出現時に3枚デッキを掘れますし、カトキヨを素材にしていればさらに2枚、計5枚をトウタク1枚で削れるわけです。テストプレイは時間的にできずぶっつけ本番でしたが、それにしてはそこそこよくできたんじゃないでしょうか。




1戦目 エルドラ4アナザー 〇
珍しい女性セレクタ―の方。とてつもなく緊張しているのが傍目から見てもわかる。まぁこんな男だらけの場所に放り込まれたらそりゃあ緊張するわな。レベル1のルリグがリミット1だったりスペルやアーツのプレイタイミングなど、ところどころ初心者っぽかったので優しく丁寧なプレイを心掛ける。初心者には優しくしないとね。
盤面を開けたままターンが回ってくることが多々あり、そこにトウタクのダブクラが何度か通ったおかげでレベル4になるころにはライフは0というエルドラには厳しい展開に。しかしそこでハンマーチャンスをかまされる。……いつもハンマーチャンスのこと忘れるんだよなぁ……まぁそれでも、オイチにオダノブライズしてダウン耐性付けたら勝てるやろ、と殴りに行ったらクリティカルショットからのバーストラッシュ、アロワナのLBで凌がれたのには舌を巻きました。
結果的に防御的なアーツがそれくらいしか無くて、そのまま押し切ることができました。
対戦後いろいろ話しましたが、WIXOSSを始めたきっかけは店頭で見た構築済みデッキのエルドラが可愛かったから、だそうな。男女問わずエルドラは可愛いルリグだったのか……。いつもの僕ならここで「レベル1のリミットは2にした方が良い」「盤面はなるべく埋めた方が良い」「やっぱり防御アーツは……」などと口を出すところですが、ゆーて非コミュなので最後の方5分くらいはだんまり。対人スキルのリキャストタイムがまだ過ぎてなかったんや。紳士的にプレイできていたなら良いのだけど……ぜひ定着してほしいですね。


2戦目 3止め雪月華遊月 ×
アタックフェイズでパワーの上がるボルシャックは、火竜点睛が効かなくなるので正直無理ゲー。トウタクで速攻畳みかけるにしても相手も早いデッキですし、こっちはそんなに盤面開ける力は無いからな……。サナユキがワンチャンあるかないか、といったところ。
火竜でサナユキからのサナユキ起動、コグネイトで3以下パニッシュとサナユキ蘇生からのサナユキ起動、と必死にボルシャックの猛攻を凌ぐも、最終的にボルシャック、タルボ(ボルシャック)、ゲツァル(アサシン)、捲火重来、イノセントディフェンスでゲツァルに耐性付与、日進月歩、というアホみたいな攻勢の前に虚しく撃沈。あれは無理ゲー。


3戦目 連パンピルルクNOISYNOISY ×
この日一番驚いたデッキ。
トウタクのダブクラも決まるし終始こちらが優勢で、アーツもほとんど使わせてライフは0、こちらはアーツ4枚でライフ3。エナは4しかないけどまぁライフ3もあるしロックユーされても死なねーでしょ。と思っていました。
ところが相手は案に相違してロックユーを使ってきました。なぜここで?こっちの盤面は1面も空いてないしなぁ……とか思ってたら相手の盤面はMKEとCMCとV@C。あれ?これ連パンするんじゃね?
MKEが正面を殴って開けて、CMCがアタック時にヘヴン、NOISYNOISYアイスフィンガーで正面を開けて1点。NOISY2回唱えたのでV@Cの効果でMKEとCMCがアップ、からアタックで2点。再度ヘヴンでスペルを唱えてアップして止めを刺されました。まさかこんなことが……NOISYでNOISYを撃つなんて考えてもみなかった。そしてMKEでアタック時に撃ってV@C効果で連パンか……これは本日のデッキ賞をあげたい。


4戦目 5緑子(身内) 〇
久々の相手。
序盤が異様にうまく回って、カトキヨ×2にトウタク乗ってダブクラ起動でカトキヨ2エナチャージ、増えたエナで戦意の方舟、パニッシュと次のトウタクをサーチ。さらにトウタク、戦意の方舟で早々にライフを0に。そのまま5に乗る前にギルガメジで押し切り。いやー方舟強いな。
その後同じデッキでフリーをやりましたが、レベル5に乗られるとライアンで蓋されることが発覚。シグニとスペルで殺せない、パワーが増えないから火竜点睛でも15000を殺せない。そのままマンモの効果で轢き殺される。いやこれ……partyは奇跡の勝利だったんだなぁ。


戦績4戦2勝2敗
いや、エンキドのドローって重要だったんだな!と強く思いました。以前に比べて手札がきついんですよね……。トウタクが思ったよりデッキを掘らないというか、そんなにリフレッシュもできなかった。カトキヨを素材にできた試合が最後しかなかったというのもありますが…方向性間違えたかな。でもトウタクのダブクラはめちゃくちゃ強かった。レベル2のリミットも5にしましょう。もう少し調整が必要ですね。

1月20日WIXOSS Party参加してきました!

そろそろ新しいデッキで参加したいものですがストレージからカードを漁るのがめんどくさい。なので何も新鮮味がないですがアンミラウリスで参戦。とにかくトンカツが欲しかったんや……

 

1戦目 ゴールデンサン型カーニバルMAIS 〇

ゴールデンサンが出てきたときには驚きました。しかしまぁアンミラをメインフェイズで処理してこない相手にはフーリッシュマイアズマが全面パニッシュアーツとして機能するのでゴールデンサンもなんのその。でもラアーはアカン。

最終的にどちらが先に息切れするかの総力戦に突入して辛くも勝利、という感じ。

 

 

2戦目 リワト 〇

序盤からプライマルサーガやら炎竜毒蛇やらばんばんアーツを撃ってきてかなりアグレッシブなプレイング。しかも自ターンメインでのアーツ使用だったのでこちらとしてはありがたい。

なんとなーく所作に「慣れてなさ」感じたので、もしかしたら初心者……にしてはかなり高額カードを惜しみなく投入されたデッキだったなぁ……単純にWIXOSS Partyに慣れてないのかもしれませんね。

まぁそれもあって一つ一つカードの効果をはっきり説明しながらプレイしていたつもりなんですが、こちらがアンミラ×2が立てている時にフレイン含む天使3面を並べて何故かアイスフレイムシュート(メインフェイズ中)。アンナミラージュの効果で全面開けられて、フレインは起動効果を使う暇も無く退場していきました。ミスなのか何か思惑があるのか……?と静観してたらそこからグダグダで、盤面を埋めるのも苦労していてリワトのエクシードをメインフェイズで使う始末。結局そこから立ち直れずにそのままこちらの勝ち。なんというか大手を振ってリワトに勝った!とは言えない感じですな……。

 

 

3戦目 とどめはあーや!V(身内) ×

2戦目を隣の卓でやってたので最後の方を観戦していましたが、ライフ0で因果応報からのスイングライドイカ盤面を0エナで完封するという意味のワカラン動きしてて、なんつーの?これ負けじゃね?と始まる前から敗戦ムード。まぁその通り負けました。

とにかくフーディナが強く、盤面を埋める形の防御を潰してくるのが刺さったな……という印象です。こちらにパワー15000を処理できるカードが少なかったのも大きかったかもしれません。リソースも割かないといけないですし、それにブルーサジェストがエクシードを剥いでくるのが追い打ちをかけてきましたね。

対戦後に聞いたのですが、フーディナは実は2枚しか入っていなかったらしいです。おかしいな、処理してもほぼ毎ターン2面立てられてたんだが……これも全部ギジドウの回収効果のせい。登場したころから考えると、ギジドウ化けましたねー。強い、強いよ。

 

戦績3戦2勝1敗

参加人数は8人でした。実は新ルール仕様でフォーカラーを1枚ステサルに変えてたんですが1回も使えませんでした。役に立てるかワカランな……

リワトスピサル欲しかったですが、これはまぁ言い訳しようのない純粋な負けなので仕方ない仕方ない。途中プレミもありましたが、無くても負けてたと思います。とりあえずトンカツは手に入れられてので良し。

 

 

謹賀新年!1止め福ルリグ大会に参加してきました!

いったいどれほどの人間がわざわざ1止めデッキを作って参加するのだろう?……と思っていましたが参加人数は9人でした。使用デッキは以下

デッキ名: 福ルリグ用クラクラユキ
作成者: higashida
(デッキ作成サイトで見る)
ルリグデッキ
【ルリグ】
1×《恋慕の巫女 ユキ》
1×《再来の巫女 ユキ》
【アーツ】
1×《スピリット・サルベージ》
1×《ピンチ・ディフェンス》
2×《クラス・クライシス》
1×《ダーク・マター》
1×《ブラック・コフィン》
1×《アンダー・ワン》
1×《ストール・ストーリー》
メインデッキ
【シグニ】
2×《コードメイズ タワブ》
4×《コードメイズ テッサク》
2×《コードメイズ リンダー》
1×《コードアート †D・M・F†》
【スペル】
2×《THREE OUT》
2×《TRICK OR TREAT》
1×《THREE SWITCH》
2×《トーチュン・ウィップ》
4×《選択する物語》
メイン(ライフバースト)
【シグニ】
2×《コードメイズ コンメロ》
4×《サーバント O》
4×《コードアート K・E・Y》
2×《コードアンチ ドロンジョ》
2×《サーバント O3》
2×《コードアート B・E・C》
4×《小砲 アルマイル》

以前ごちゃごちゃ言っていた通り、ゲットアップ二鳥タマ等の強力なルリグアタックをクラスクライシスでメタる、というところを意識したデッキです。恐らく多いだろうリミットを0にしてくるサシェ相手にはアンダーワンとコフィンでがんばる。アンダーワンのコストを賄いやすいように、イオナのユニークスペルではなく青シグニをパニッシュできる選択する物語を優先的に採用。青シグニはクラスクライシスのコストを考えて精械のKEYとBEC
1面開ければ最大打点になる福ルリグ大会の性質を鑑みて、攻撃手段はコンメロとタワブのバウンス、アルマイルのみ採用しています。トーチュンも多少は役に立つかも。
その他ピン刺しのカード、黒DMFはクラスクライシスで出せるアルマイルに焼かれない黒シグニ、という理由から採用。
THREEswitchは3体並べられないので最高のパフォーマンスは出せないですが、アンダーワンで打ち消されないドロソ、というだけでも価値があると思い採用。効率で言えばピルルクのPreciousと同じですし。最初はガン積みしていたんですがさすがに青2エナは重くてTHREEOUTとトリトリに分散させてこの枚数構成になりました。1止め大会はあまりドロソを必要としないようにも思うんですが、ピーピングアナライズという化け物ハンデスがある以上はある程度のドロソスペルは必要じゃないかと考えた次第です。



1戦目 ゲットアップ二鳥オーラタマ(身内) 〇
奇しくも主に念頭に置いていたデッキタイプとの初戦。というか前日に調整に付き合ってもらって勝ち越していたので幸先の良い相手です。
しかしゲットアップ、二鳥、アークオーラを集中させずに分散させ、こちらのルリグアタックメタアーツを消費させようとしてきたのは流石のプレイングと言わざるを得ない。ストールストーリーで利用されないようにピンチディフェンスも最後まで切らなかったのだから恐れ入ります。
最終的に相手の渾身のオーラ二鳥を最後のクラスクライシスで凌いで返しに勝利。
前日の調整で最後まで温存していたアーツがまさか2枚目のクラスクライシスだとは思うまい……クククッ……と思ってたら本当にハマって驚いたw
まさに盤外の情報戦術!騙し打ちスマンかった……


2戦目 ピーピングアナライズピルルク 〇
先攻はこちらが取れたので「先攻トライラックピーピングアナライズ」という化け物ムーブはされずに済みました。というか事前に相手のデッキがピルルクだとわかっていたのでマリガンの段階で意識してスペルをキープしてました……これが情報戦術!
対戦相手はアルマイルの存在を失念していたようで、最後までこちらのアルマイルに苦しんでいました。そのままアルマイルで押し切って勝ち。さすが「福ルリグ大会のダイホウイカ」の名をほしいままにしているシグニだけのことはあります。


3戦目 龍滅ロックユーピルルク ×
お互いにアンダーワン、ブラックコフィンを積んだデッキで、相手の何を打ち消すか、どこまで打ち消すかの駆け引きがメインの戦いになっていたような。攻め手で言えばこちらの方が多くて、残りアーツは相手が2こちらが5とそこでは優位に立っていたんですが、ピルルクのロックユーの存在をすっかり忘れるという最悪のプレイヤースキルを発揮して詰められて敗北。ぐぬぬ。先にスピサルを撃っておけば……あるいは1ターン前のスペルを打ち消さずに通しておけば……


4戦目 5色ピルルク 〇
ピルルク3戦目。つーかピルルク多くない?他にリメンバが一人いたらしいので実質9人中4人がピルルク。後はタマ、サシェ、リワト、アルフォウ。……あれ?僕がメタったデッキタイプって一人しかいなくない?初戦は奇跡のマッチングだったんだなぁ……。メインフェイズで面開けをしない、ルリグアタックを強化しない相手にはクラスクライシスが基本的に腐るので2戦目からずっと苦しい。
相手のデッキが5色なのが相当足を引っ張ったようで盛大な青エナ不足をおこして事故っていました。CRYSTALSEALを序盤にコフィンできたのも追い風。まぁピルルク相手の全試合でCRYSTALSEALはコフィンできましたが。最終的に防御アーツを撃てるエナ色が賄えなくなり、こちらの勝ち。地味にタワブのパワー3000になる効果がアルマイル相手には刺さりました。
しかしピルルク使いは皆threeswitchを見ると怪訝そうな顔をしてましたがそんなに変な選択か?あなたのとこのPreciousさんと手札増やす力は同じやで……。


戦績4戦3勝1敗
3戦目のロックユーが悔やまれる。あれは完全に僕のケアレスミスなので……
しかしトップメタだと思っていたサシェやタマが大していなくて拍子抜けというかなんというか……驚きました。おかげでアーツが腐ったぞどうしてくれる!ちなみに優勝者はサシェ(身内)だったので大会後にフリーをしましたがここではギリギリ勝てました。やはりルリグアタックメタだけでなくアタックフェイズにシグニを出せるクラスクライシスは、サシェ相手にも多少は働くんですよ…悪くない選択だった、と思いたい。大会にもっとサシェタマいればなー。

福ルリグ用デッキを作っているが混迷を極めていてもうわけわからん

最初は

  • 既存の次元ナナシを調整しただけでお茶を濁そう

 

と考えていたけど、そこから

  • トラップで自在に守れるだろうあーやを作ろう

 

にシフトしたが、この時まで福ルリグがレベル1以外のシグニを入れられないことを知らず、普通にレベル4のトラップシグニを入れる気満々だったので変更を余儀なくされ、そこでようやくサシェがリミットを0にしてくることを鑑みて

  • シグニ出さなくても行けるように輪廻遊月にしよう。夢幻の最果連打でレベル1にグロウしまくるよ!

 

と思い直したはずが唐突にハンデスしたくなって

  • スペルガン積みSHOOTINGガン積みトライラックピーピングアナライズ!

 

を組んでみたは良いモノの全く回らず挫折し、ふとLinkageを見るとゲットアップ二鳥タマというデッキが示唆されており、そのあまりの暴力性に震えルリグアタックへの対処を考えざるをえなくなった。

しかし何故かここで、ただルリグアタックを止めるだけじゃあつまんねぇな!と思ってしまってクラスクライシスでルリグの能力を消す方針を打ち出してしまった。

クラスクライシスを使いたいという欲望に抗えなかった……。というわけで、クラスクライシスで出して強い精械は福ルリグだとテッサクじゃね?という考えから

  • ラクラテッサクユキ

 

を構築(←今ここ)。一人回しをしていると、全くイケてる感じがしない。そもそもクラスクライシスだと二鳥のガード制限を防ぐことはできないし、テッサクはこの福ルリグ環境を席巻するであろうシグニ・アルマイルに対しては無力。サシェのリミット0攻勢も結局アンダーワン頼り。

おかしい、僕は福ルリグ環境に対応しようとデッキを考えていたはずなのに、どれも対策できていない。どこで間違えた?僕はどうしたらいいんや……。

blogを放置してたらいつの間にか年が明けた

あけましておめでとうございます。

引っ越しでゴタゴタしてたので&めんどくさかったのでblog放置していました。その間にもちょくちょくWIXOSS Partyには参加していたんですけどねー。

 

2017年はこのblogを始めたりそれ以外でも色々ありましたが、非コミュの僕としてはまさかカードゲームの大会で知り合った人たちと仲良くなって他でも遊ぶようになるとは思ってなかったので、それが一番大きな出来事だったような気がします。

 

面白いアニメも面白いマンガも面白いラノベも面白い小説もこの世には溢れていて楽しく遊ぶ友人もいて、とても充実した一年でした。非コミュ非リアを自認する僕ですが、「妹さえいればいい」なんかで描かれるようなオタク的充実ライフに一歩ずつ近づいて行っている感はありますね。

 

まぁ正直、リア充的生活に対する憧れなんてまったく無いものなー。彼女が欲しいとかも全然思わない。そりゃあ微塵も欲しくない、というと嘘になりますけど、それほど積極的な欲求は無い。リア充も全然楽しそうに思えない。だってアニメ見てマンガ読んでカードゲームするのの方が楽しいもんねマジで。

 

今年も楽しいオタクライフを送れますように!