眠る前に2杯だけ。

カードゲーム(WIXOSS)やアニメマンガ小説についておしゃべりします。

Re:CREATORS11話雑感

「明日世界が滅ぶとしても、リンゴの種は植えていかないとね。」中乃鐘さん良いこと言いますね。

 

  • セレジアさんと松原さん

元の世界に帰りたいか?という質問に対するセレジアさん、良かったですね。もうこの二人に僕は言うべきことは無いですよ。後はセレジアさんが颯太君に、ひいてはアルタイルに、何を言うのか?セレジアさんは皆に助けられたけど、アルタイルの親や颯太君は、皆に潰されたわけでね……。

  

  • 颯太君と鹿屋君

颯太君の鹿屋君に対しての対応が雑なのが新鮮!鹿屋君って中学生ぐらいだと思ってたけど実は颯太君と同じくらいなんでしょうか?中学生の恋愛対象が中学生だとまぁ普通ですが、高校生くらいで恋愛対象が中学生だとなんだか怪しげな雰囲気がしますね。鹿屋君の将来が心配です。。

 世界を作るのは神様。鹿屋君は確かに建設的で良い感じのことを言ってますが、颯太君やアルタイルが抱えている問題に対しては根本的に無力な言説ですよね。颯太君は多少気が楽になるかもしれませんが、アルタイルにそんなこと言ったら鹿屋君殺されますよ。そもそも建設的じゃないことをしようとしている彼女には、そんな言葉は響かないでしょう。

ここに至って、アルタイルにどういう言葉をかけるのかわからなくなってきましたね。ブリッツトーカーさんはアルタイルを言葉で止めることはできない、と言っていましたが、それはそうだとしか思えない。悪意あふれる世界に、無造作に自分を傷つけてくる世界に、大切なものを壊される世界に、シマザキさんは殺されました。殺された側に殺した側がポジティブなことを言っても、通じないですよね。シマザキさんのことは全部過ぎ去ったことで、もうどうしようもない。どうしようもないことを、どうしたら受け入れられるのか。この、絶対になくならない悪意を、どうしたら肯定できるのか。世界に潰された人間が、どうしたら世界を信じられるのか。どういう答えが出るのか、とても楽しみです。

 

 

広告を非表示にする