読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眠る前に2杯だけ。

カードゲーム(WIXOSS)やアニメマンガ小説についておしゃべりします。

3月4日WIXOSS PARTY参加してきました!

WIXOSS WIXOSS PARTY

使用デッキは「赤単真実リル」。空いてるアーツ枠にはサクシードディストラクトをとりあえずぶち込み、一振りの枚数を調整して方舟も投入。参加人数は18人で、17弾環境初参戦だったのもあり大変楽しかったです。

 

1戦目 白単タウィル5 〇

WIXOSS PARTY出るとタウィルに当たることが多い気がします。経験が多いからといってタウィルが得意かというと全くそうではなく、むしろ苦手ですね。。

序盤から一振りで盤面を開けながらユリカマ&フンババでダブクラを叩き込んでるうちに相手がアーツを複数切ってくれたのはありがたかったです。その後ギルガメジ(ダブクラ)、オダノブ(トリクラ)、リリアナの盤面を構築し続けてたらそのまま勝てました。ガブリエルト2面の盤面に火竜を撃った以外にはアーツも切らなかったので快勝と言っても良いですね。対戦後に話した限りだと、どうやら相手の方は復帰勢だったらしく、リルのカードプールの把握がイマイチだったのがこちらに有利に働いたようです。

 

 

2戦目 ママ 〇

ママ初対戦!対戦相手の名前を対戦中ずっと間違えるという無礼を働いた以外は問題なかったです(恥ずかしかった……)。

1戦目と同じくユリカマ&フンババで序盤にダブクラ叩き込めるのは強かった。。先攻を取れていると盤面を開けるまでもなく空いてる部分にフンババ展開するだけで2点取れるムーブ強くない?ただ相手のライフバーストがやたらエナチャージで、英知シグニの効果も併せて相手レベル3時には12エナぐらいあったのにはヒヤッとした。シグニは殴ってないのになぁ。

そこから全知全能を撃たれて手札エナ0に追い込まれましたが、返しにオダノブ、リリアナ、と並べてアタックに入ったら何故か通って勝ちました。アーツ撃たないの?と思ったので対戦後にアーツ構成聞いたんですが、残っていたのは水天、龍滅とマルチエナを要求するアーツで撃てなかったそうな。オダノブで3点喰らうというのを失念していたらしい。

 

 

3戦目 四別ナナシ 〇

パニッシュ、面埋めで防御してくるルリグとようやく当たった…!ギルガメジとオダノブのコンビの強さをやっと感じることができました。

やはりここでもユリカマ&フンババは強くて、一振り方舟リリアナと併せて序盤からプレッシャーをかけていたらダブルチャクラムとブラックエイクを切ってくれました。この試合はライフバーストも激強だったのも大きかったですね。終盤はギルガメジ(パニッシュ耐性ダブクラ)、オダノブ(パニッシュ耐性トリクラ)、リリアナの盤面で押し切り。この相手でこの盤面作れてダメだったらリルに明日は無いですよマジで。勝ててよかった……

 

 

4戦目 モノクロタウィル4 ×

タウィル2戦目。ロストレージ環境とはいったい……

1戦目とは違い黒天使が入っている型で、序盤は黒ヴァルに、終盤は黒ゲインに苦しめられました。特に黒ゲインは厄介で、最終盤面でも耐性ついてない方をアタックフェイズ起動で消してきて困りました。クトゥルコールは鬼門でもありますし、スピサルで回収されて2回も撃たれました。もう終わってますね……。非ライズ武勇のシグニを思うように引けてなかったのもあり展開も苦しかったんですが、そのせいで最終的にクラチャンで武勇が手札から出せず、火竜で守れず敗北。

 

 

戦績4戦3勝1敗

隣で救念リルを回していた人のデッキが、最終盤面は僕と似ているのにサーバントもたくさん入っててアーツ構成も多彩だったので見せてもらったのですがなかなか参考になりました。いろいろ試していきたいですね。遠くのテーブルから「(リルは)最終盤面に自由度が無い」みたいな声が聞こえてきたんですが、まぁギルガメジオダノブ強いですからね。ゆーてもギルガメジなんかは何からライズするか?っていう部分で今でもかなりバリエーションあると思うんですけどね僕は。

 

 

終了後にmiRaさん(使用デッキはママ)とフリー。こちらはケモナーピルルク。

モナーピルルクの常で、回してる方は独特の挙動で楽しいんですけど、楽しすぎて余計な動きまでしてしまうのがネックですね。完全にプレイヤーの問題ですわ……相手も楽しんでくれると良いんですけど……

ママは序盤にフェルマで楽に1点取ってくるのがズルかった。序盤のシグニもエナ手札稼ぎまくりですごいですね英知。算数したくなくて敬遠していましたけど、これは強い。全知全能も強いですが、カンニングと避難勧告のコンボもびっくりしました。なんじゃあれ強くね?

 

結果はケモナーピルルクの敗北。全知全能がエナと手札をもぎ取っていったのが決定打になりました。返しで奇跡のドローが続けばまともな盤面くらいは構築できたんですけど、奇跡は滅多に起きないから奇跡と言うのです。まぁ奇跡が起きても相手にアーツは残ってたのでダメでしたけどね。