読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眠る前に2杯だけ。

カードゲーム(WIXOSS)やアニメマンガ小説についておしゃべりします。

4月29日WIXOSS PARTY参加してきました!

使用デッキはアンナミラージュ軸焦熱ウリス。参加人数は5人と少数でした。新弾発売後なのになー。しかも蓋を開けてみればそれぞれの使用ルリグは

  • 焦熱ウリス
  • 虚幸ウリス
  • アンシェントイオナ
  • フルメイデンイオナ
  • 成就の駄姫 グズ子

で、全員黒ルリグという始末。なんとまぁ。

 

 

1戦目 フルメイデンイオナ 〇

スターター改造しました、という印象のイオナ。あまり新弾のカードを知らないようでキラゴウに驚かれる。アンナミラージュにも驚かれる。レベル1のリミットが1のイオナだったことも手伝って、レベル2で3面開け、レベル3で3面開け、レベル4で3面開け、と繰り返していったら相手がレベル3に乗る前に勝ち。キラゴウとナマハゲが光る戦いでした。

 

2戦目 成就の駄姫 グズ子 〇

グズ子のシグニをロクに勉強していなくて何点要求されてるのかさっぱりわからない。テキスト確認しながら進めたのでテンポが悪かったです。勉強しなきゃね……。

しかしグズ子は思っていたよりもトリッキーな動きをするルリグで驚きました。アイヤイが一瞬でライフを持っていく連パンだとすると、グズ子はトラッシュからの蘇生、蘇生からのパニッシュで柔軟に防御しながら、防御で開けた盤面を起点にしてコンスタントに打点を刻んでいく連パン、という印象を受けました。最終的にお互いアーツを撃ち切る総力戦で、ぎりぎり勝ちました。アタック中に思いもよらない所で蘇生、パニッシュで点を通されたり、驚きに溢れた戦いでした。やはり新しいルリグは良いですね。

 

3戦目 魔球イオナ(身内) 引き分け

いつもの暴風シンカーイオナが、新弾で悪魔が組み込まれて全く新しい形になっていました。はたから見ていると今までよりはるかに安定しているようで、ある程度完成しているのかなと思われます。

序盤にクソ事故って後攻なのにレベル1が0枚という事態になり、これは負けだろと思いました。しかし何とか持ち直し、キラゴウやイフリード除外でアーツを温存しながら継戦。キラゴウはやはり輝いてました。お互いにライフ0でアーツは1枚ずつ切った状態で無念の時間切れ引き分け。お互いにまだまだ防御が尽きない中での引き分けだったので真の引き分けだなとは思いましたが、暴風シンカーを残した相手に分があるような気もします。

 

戦績 3戦2勝1分

結局魔球イオナの身内と勝ち点が同じで、じゃんけんをした結果僕が優勝ということに。正直コングラ一蓮托生よりお楽しみパックが欲しかった……しかし僕は人数が少ないときに優勝しますね。なんだか複雑な気持ち。

WIXOSS18弾開封結果!その2

通販分が届きました。新しいカードでのデッキ構築を急いでない時には早く届くんですね……。

 

 

LR

赤羅星 ゴールデンサン

哀罪の駄姫 グズ子

 

 

SR

風魔の頭領 フマコタ(シク)

夢国の招待 ドリーミー(シク)

風魔の頭領 フマコタ

夢国の招待 ドリーミー

超罠 ギジドウ

幻獣神 コウノト

死乃遊姫 ♰クイドール♰

羅輝石 キンシャチ

幻怪姫 サトリーナ

羅星姫 ≡コスモウス≡

 

ルリグレア大爆死!!

グズ子を作りなさいという神の導き?嫌だなぁ……カーニバルも使ってないのに……。汎用アーツ欲しかったよ……。コスモウスも結局1枚。ドリーミーやフマコタが3枚集まったのは良いですが、ドリーミーは仮組したら結局ピン投だったのよね……。

 

前回書きそびれていましたがアナザーカード枠で封入されている野球カードがなかなか良いです。あーやとウリスのパラレルは気に入ったので0ルリグとして使う予定。シグニもパラレルで揃えてデッキに投入したいところですね。

Re:CREATORS3話雑感

ヤンキー(弥勒寺)に襲われそうになるまみかを颯爽と女騎士さんが助け出していましたね。OPではこの女騎士さんが一番ヤバい敵だと思っていましたが、案外弱そうでした…。まだ本気出してないだけ?これからに期待です。

OPのキャラクター紹介フェイズにおいて、女騎士さんは左を向き背景では奥を見ているキャラクターですが、前回OPについてあれこれ話した現実と理想という解釈を引き合いに出すと、これは現実を顧みず理想をひた走るキャラクターという風に言うことができます。しかもその後の戦闘描写フェイズからは正面ばかり向いていて、はっきりとした現実への攻撃の姿勢が見て取れると思います。

キャラクター紹介フェイズではまみかも女騎士と同じような解釈が成り立ちます。まみかは背景では左を向いていて、手前のまみかは正面を向いて目を閉じている。正面は現実の方向性ですが、目を閉じていることで「現実を顧みず理想をひた走るキャラクター」という表現になっているかなと。2話ではそれがよく出ていましたよね。なのでこの女騎士と魔法少女がつるんでるのはとても納得できることなのです。まみかにとって救いなのは、彼女は目を閉じているだけなので誰かが目を開かせてくれれば変わることができる、ということでしょう。2話のセレジアさんはその役目を果たせたんじゃないですかね。3話ラストでまみかは軍服の姫君を妙な目で見ていましたし。背信フラグ!

 

  • メテオラと弥勒寺

メテオラと弥勒寺の方向性の対立、のようなものが描写されていましたが、一方でこの二人は共にセレジアを助け、食事の美味しさを語り、創造主から自分たちへどの程度フィードバックがあるか試みることを示唆するという、行動はとても似通っている二人でもあります。OPにおいてこの二人だけは体の向きと顔の向きが別々というキャラクターです。メテオラは体は正面を向きながら顔は左を向き、弥勒寺は体は左を向きながら顔は正面を向いている。これはメテオラは現実の難しさを理解しながらそれでも理想を夢見てしまうキャラクターで、弥勒寺は理想があるのを知っていてもそれよりも現実を優先してしまうキャラクター、という風になりますかね。それが「創造主に言いたいことはあるが、それよりも現実を楽しむことを優先する弥勒寺」「現実に適応しなければならないのは分かるが、創造主への執着は捨てきれないメテオラ」という違いになっているんでしょう。でもこれは裏を返せば、お互い相手が大事にしていることが何かは理解しているということなので、個人的には二人には仲良くなって欲しいなと思っています。

 

  • 颯太君とセレジアさん

颯太君は1話で自分のことを狂言回しだと言っていますが、正直なところこの話は颯太君が再び絵を描き始めるようになるまでの物語にしか見えないですよね。2話でメテオラ、3話でセレジアさんに発破かけられちゃって……OPやEDでもそういう風に見える。

 

  • 軍服の姫君とオッサン

軍服の姫君は夜空を見上げて「セツナ」と交信していました。これまでの情報だとメガネ少女が「セツナ」なんでしょうね。。メガネ少女=軍服の姫君説は崩壊ですか……面白い説!と思ったんですが。「セツナ」さん自分の作品disられて死んでしまったん?という当初思い描いていた路線を補強するような喋りを繰り広げていましたがどうでしょうね?

弥勒寺の話の中で軍服の姫君と一緒にいたと言われていた「空飛ぶオッサン」ですが、これはOPで銃持ってるオッサンで良いんですよね?なんか空飛ぶイメージ無いですけど……。ただオッサンはOPで、背景でも正面を向いた生粋の現実主義者のはずなので軍服の姫君とはむしろ敵対しそうだと思っていて、あまりつるむイメージは持ってなかったですね。部下と思しき人間が奥の方にいるオッサンを見ているので、オッサンは人格者というか、イイ奴っぽいなーと。軍服の姫君から情報を得るためにあえて味方になったフリをしているっていうイメージの方がしっくりくる。背信フラグ!

 

  • 松原さん

案外アニメとかマンガとか知らなくて驚いた。3話で1番驚いた。電車の中つり広告になるような作品知らないんか……。ライトノベル作家はこういうのよく知ってるだろう、というのは偏見だったのか……

 

 

ここまで見てきて、セレジアメテオラ弥勒寺と、少なくとも3人も陣営に加わらないキャラクターを出してる時点で軍服の姫君はキャラの選定間違えてるのでは?と思わざるを得ない。もっと御しやすいキャラを選ばなきゃ……人気があるキャラという縛りがあっても選びようはあるでしょう。

これが軍服の姫君にとって間違いじゃないなら、現実世界に呼べるキャラクターを軍服の姫君は選べない、あるいは自陣営にキャラクターたちが与さなくても良いと思っている、のどちらかですかね可能性としては。

WIXOSS 18弾開封結果!

とりあえず2箱開封。

 

 

LR 

ゴールド・ディフェンス

散華の閻魔 ウリス

哀罪の駄姫 グズ子(シク)

 

SR

コードオーダー モツナ(シク)

コードオーダー モツナ×2

超罠 ギジドウ

特大幻蟲 ヨロズハタヒメ

夢国の招待 ドリーミー

死乃遊姫 ♰クイドール♰

風魔の頭領 フマコタ

幻獣神 コウノト

 

という結果になりました。コスモウス当たらなかったよ……。

モツナが無駄に被って欲しいモノが被らなかったのは残念です。R以下はキビツヒコが4枚揃わなかったのも辛いところ。まぁ通販で後2箱届く予定なのでそれに期待します。

 

 

18弾は47都道府県のご当地シグニが登場しました。我らが沖縄県を代表するシグニが幻蟲§イバラカン§でしたが……はっきり言ってイバラカンという存在を全然知らなかったです。イバラカンが生き物なのかそうでないのかもワカラン。友人にも聞いてみましたが誰も知らなくて僕らのグループでイバラカンは謎の存在でした。友人が調べてきてくれたところによると元ネタはおそらく「イバラカンザシ」という貝の一種だろうということでした。……いやぁ知らないっすねぇ。これメジャーですか?まぁ僕は郷土愛溢れるタイプじゃないので判断出来ないですけど、べたに幻獣シーサーとかじゃ駄目だったんだろうか…?

4月24日すごろくとWIXOSS PARTYに参加してきました!

すごろくはさすが平日、ということで参加者3人。前回のすごろくでの教訓を活かして、コインの使用を極力排し1マス1マスコインを地道に集めることだけ考えてプレイ。保守的なプレイングである。しかしパックの出目は3が多く、なかなか良いという皮肉。あえてマスを戻ってコインを集めたりしながら終盤でトップに追いついた時はこれは勝てると思いましたが、トップのプレイヤーはマス効果がするする噛み合いあっという間にゴールしてしまい、ロクな妨害もできないまま因果応報マスに止まっても不発。友人がさらに因果応報マスに止まるも、また不発。東田は見事最下位でした。少人数ということと保守プレイングすぎて面白いマス効果を軒並みスルーするという遊び心のないプレイをしてしまったばかりにものの20分程で終了。勝てない、すごろく勝てないです……

 

 

WIXOSS PARTYは一人増えての参加者4人。新弾でリルやウリスを使う機会が増えると判断して、今回はケモナーピルルクで参加。

 

 

1戦目 ドーナ ×

僕はドーナに勝ったことが無いんですよ。穿孔AMSでアーツやエナをテンポよく吐かせることができたのでこれはワンチャン?と思ったんですがドーナの1回パニッシュ無効を忘れていてサクシードネクパ二で守れずに敗北。アーツまだ切れたというのに……。大事な所でケアできない、プレイングの底の浅さを感じる。

 

2戦目 アンシェントイオナ 〇

序盤の事故に付け込んで点を稼ぎ、穿孔AMSで相手ライフ1まで追い込みました。お互いにアーツを1枚しか使っていなかったんですが相手はそれがブラスラだったので、残り4枚のアーツ構成によってはもしかしたらAMS2面立てたら勝ちなのでは?と思い実行したところ、マジで勝ちました。やってみるものです。

 

3戦目 魔球イオナ(身内) ×

2戦連続アンシェントイオナであります。全く違う構成とはいえ、なかなか連戦することのないルリグですよね。ライフ0の相手に対して暴風シンカーを警戒するあまり、AMS2体立てたら勝ちじゃね?と少し無理して展開した結果フォーカラーマイアズマと暴風警報できっちり守られ、返しのターンで無理したツケがきて守れず、そのまま敗北。頭の悪さが露呈してしまった……。

 

 

戦績 3戦1勝2敗

 

なんだか自分のプレイングの悪さで負けたようで、不完全燃焼です……。

すごろく、そして

予告通りWIXOSSすごろくに参加してきました!カードゲームのイベントでまさかすごろくをすることになるとは思ってもみませんでした。テーブルを埋め尽くしカードゲームに興じている小学生を蹴散らしてすごろくのフィールドを広げましたが、なんとなく申し訳ない気持ちに。すまない子どもたち……

 

参加者は6人で、この会場で前回WIXOSS PARTYに参加した時と同じメンバーでした。あまり人来ないのね。パックも最新弾しか置いてなかったので選ぶパックによる戦術的駆け引きが無かったです。全員顔見知りでほのぼのとスタート。

 

序盤は特にコインを支払う効果は使わず素直にコインを集めながらの地味な進行でしたが、デッキパワーの差が酷かった。3が1枚で残りは全部1しか進めないプレイヤーと2が2枚1が5枚の僕が最弱。2,3がコンスタントに入っていたりレベル4を引き当てたプレイヤー相手にはとても追いつけそうにないと思った僕はここで、リフレッシュ時には新しいパックを購入しても良いというルールを利用しました(追加ガチャ)。これで勝てる!と思っていたのもつかの間、デッキが一周して判明した新パックの中身は2が3枚、1が4枚!…あまり変わらねぇな……。圧倒的最下位をひた走る東田。ほぼオール1のプレイヤーは何故か僕より前方にいました。

 

しかし色々なマス目の効果が錯綜する中、僕は別のプレイヤーの効果で棚ぼた的にトップへ躍り出ました。ゴールは目の前。ありがとうありがとう。難なく一着。コインだけは使うタイミングがなくため込んでいたので、一着でのコインを合わせればこれは優勝だろうと思っていたのですが……。因果応報マスでゴールから引きずり出され、結果5着。1着だったのはオール1だったプレイヤーでした。…これデッキパワー関係ないな!一緒に参加した友人は6着で、他のプレイヤーが止まったマスの効果でフィールド無いを飛ばされまくった結果、「休日の過ごし方を話す」マスに3回止まっていました。なんだかんだで1時間盛り上がりましたね……

 

その後以前から誘われていた遊戯王ドラフトに友人と2人で参加。すごろく会場でそのままドラフトの説明を受けまして、その場で軽く実戦へ。主催のmiRaさんサイドは3人でしたが、すごろくに参加していたもう1人もそのままスライドしての計6人で遊びました。僕は遊戯王の対戦動画はよく見ますが実際にやるのは15年ぶりぐらいのエアプ勢で、友人は全く触ったことのない初心者。他の4人は現役なのでプレイヤーの実力差はありましたが、ドラフトという形式が差を程よくごまかしてくれて僕も友人も大変楽しめましたね。僕は運よく「増援」「ハルベルト」「サウザンドブレード」「トリッククラウン」と、動画で見たことある!カード達をpickしていけたのでランク4で戦うデッキを作っていけたと思います。作ってすぐ友人と戦いましたが、友人はライトロードを絡めた真炎の爆発デッキで、先攻2ターン目でなんか1ショットキルされました。miRaさんのアドバイスを受けながらのpickとはいえ、あいつ本当に初心者かよ。友人曰くmiRaさんはティーチング上手かったそうな。

 

 

その後会場を移して食事→2度目のドラフトへ。2度目は友人もmiRaナビを極力使わずpickしていました。今回僕は最初に「嵐征竜テンペスト」をpickしたのでデブリドラゴンをサーチしてなんやかんやシンクロするデッキにしようかなとぼんやり思いながらpickしていったらデブリドラゴン3枚ピリカ3枚と順調にpickしていけました。ドラフトってこんなに3枚pickできるものかと驚きながらも、最終的に緊急テレポートやテンペストもガンガン集まってきて、なんだか怖いぐらいである。ただかなり風属性やドラゴン族に縛られたエクストラを狙わないといけなくなったので厳しいところでしたが、そこそこpickできました。勝率はけっこう良かったと思いますが、友人にはまた負けました。サイコショッカーと各種帝のアドバンス召喚をメインにしたデッキでしたが、あいつ本当に初心者か?この友人にはWIXOSSでもひき殺されてばかりですが、まさかここでも……。

 

 

しかしWIXOSS PARTYで知り合ったメンバーとparty外で交流をすることになるとは、コミュ力の低い僕と友人は全く思っていませんでした。声をかけてくれたmiRaさんには友人ともども感謝しております。遊戯王ドラフトは次も企画しているようですので、また楽しみですね。

所持デッキ晒すよ! ⑥フェニックス軸百折不灯遊月


デッキ名: フェニックス軸ノーガード(じゃなくなった)百折不灯
作成者: higashida
(デッキ作成サイトで見る)
ルリグデッキ
【ルリグ】
1×《遊月・零》
1×《遊月・壱》
1×《轟炎罪 遊月・参》
1×《百折不灯 遊月・肆》
1×《断罪 遊月・弐》
【アーツ】
1×《龍滅連鎖》
1×《炎得火失》
1×《一蓮托生》
1×《フォーカラー・マイアズマ》
1×《クライシス・チャンス》
メインデッキ
【シグニ】
2×《幻竜 サバアナ》
4×《幻竜 グリアナ》
1×《幻竜 ヴィーヴル》
2×《堕落の砲娘 メツミ》
4×《幻竜 #ドラコレクス#》
4×《幻竜 #ステゴケラス#》
3×《サーバント O2》
メイン(ライフバースト)
【シグニ】
4×《幻竜 エキドナ》
4×《幻竜 ボルシャック》
2×《幻竜姫 スヴァローグ》
4×《幻竜 フェニックス》
2×《サーバント O》
4×《幻竜 #コブラ#》


相手ターンにエナを焼いてフェニックス蘇生させるのカッコよくないですか?というデッキ。しかし当初は相手ターンにエナを焼く実用的な手段が龍滅連鎖ぐらいで、それだけに頼ってデッキを作るのは微妙すぎました。。それが14弾で条件の緩いエナ焼き効果を持ったコブラが登場し、「相手ターンにコブラを場に出す」という方向性で作成し始めました。まぁ結局アーツは使うんですけどなかなか面白い挙動になったと思っています。

そもそも別に百折不灯のデッキを考えていて、それはバニラスクランブルでバニラ龍獣を出して相手ターンにも百折不灯の常在効果を使っていく……という予定でした。でも脳内で構築している段階で同じような構築をしたWIXOSS partyの優勝報告が上がってきまして、自分がネタデッキのつもりで作ってたモノで優勝されちゃったらもう勝てねぇな。と思ってお蔵入りさせていました。そのお蔵入りになった百折不灯が「コブラを場に出しフェニックスを蘇生する」という方向性と融合したのがこのデッキですね。回していると緑エナが邪魔で邪魔でしょうがないので緑龍獣を減らす方向で調整していきたいところです。

アーツの構成としてはまず「コブラを出す」「フェニックスを出す」という方向性で
クライシスチャンス
フォーカラーマイアズマ
龍滅連鎖

の3つと、相手にエナを与えるための炎得過失、自分のエナの調整やフェニックスをトラッシュに落としたり最悪エナから龍獣を出せる一蓮托生。
実戦で一度クライシスチャンスからコブラを出してフェニックス蘇生×2、百折不灯常時で6エナ払って3面パニッシュという芸当を披露できたことがあります。あれは気持ちよかった……。



しかしこのデッキで遊んでいるとたまに
「フェニックス抜いてスヴァローグ入れましょうよ」
「遊月は百折不灯じゃない方が良いですよ」
「遊月は紅蓮乙女の方が強いですよ」
「レベル5には乗らないんですか?」

とデッキコンセプト全否定してくる人がいて困ります。困りますというか、自分では百折不灯のポテンシャルを最大限引き出そうと百折不灯ありきのデッキ構築をしているつもりなので、それが伝わってないことに正直へこみます。「構築済みの改造ですか?」と言われたこともありました。違うんや……これでも一から自分で構築したんやで……メインデッキはそら普通やけども……。