読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眠る前に2杯だけ。

カードゲーム(WIXOSS)やアニメマンガ小説についておしゃべりします。

あなたのスリーブは何枚ですか?

カードゲームに欠かせないのはカードを保護するためのスリーブですが、一度キャラクタースリーブの沼に落ちると、確かな大地にはもう二度と戻れません。僕がデュエルマスターズに復帰した時には無地のスリーブを使っていましたが、友人の一人がついにキャラクタースリーブ(長門有希)に手を出したことで禁断の扉が開かれました。人がやっているのを見るとやはり興味が出てくるものです。特にデュエルマスターズは女の子分が少ないカードゲームだったのでなおさらというものです。

 

その時はキャラクタースリーブの沼を甘く見ていて、まぁ一つだけ買おうなんて思っていたわけです。一生に一度の買い物(と当時は思っていた)なので、せっかくなら良いモノを妥協せず買おう、ということで選んだのが 

 これです。確か3000円ほどしました。スリーブに3000円とかバカじゃねーの?と思いましたが、一生に一度だから…と自分に言い訳しながらの購入でした。……抜け出せなかったよ、キャラスリの沼からは……*1

 ここで重要になるのがキャラスリを守るためのスリーブです。やはり大事なキャラクターを裸のままで使用するのには抵抗があり、3000円もかけたのだから末永く付き合いたい。ということでスリーブプロテクターを同時に購入したのですが、3000円とバランスを取って?安いモノを買いました。が、これがいけなかった。スリーブプロテクター同士がすぐくっつき、その割にキャラスリからすぐ抜ける。おかげでシャッフルもしにくく、僕が手汗をかくタイプとはいえかなり劣悪な商品でした。

 

なのでそれからスリーブプロテクターをいろいろ試すようになったのですが、なかなか良いものに出会えず、かといってそうたくさんスリーブに金をかけるのにも厳しいものがある……と思いながら、何回目かのチャレンジでついに出会えたのがブロッコリーさんの「キャラクタースリーブ プロテクターVer.2」でした。滑らかにシャッフルできる!カードくっつかない!曇らない!感動的でした。もしかしたらもっと良いスリーブがあるかもしれませんが、これ以上スリーブの海でもがく勇気は僕には無く、一度出会えた奇跡にそれ以来ずっと縋っています。いつの頃からかVer.2がVer.3になり、今ではそちらを使っています。

キャラクタースリーブ プロテクターVer.3

キャラクタースリーブ プロテクターVer.3

 

が、このスリーブにも一つ嫌な部分があって、縦幅がキャラスリとほぼ同じなので、ヒンズーシャッフルをしているとキャラスリに当たって傷つけてしまう場合がありました。そこで僕は、スリーブプロテクターを守るスリーブをつけることにしました。それが同じブロッコリーさんの「キャラクタースリーブ オーバープロテクター」です。これはもうブロッコリーさんへの盲目的な信頼をもって即決しました。これもいつの間にかVer.2になっていたので今はそれを使っています。

キャラクタースリーブ オーバープロテクターVer.2

キャラクタースリーブ オーバープロテクターVer.2

 

 というわけで今の僕のデッキは、「カードを守るためのスリーブを守るためのスリーブを守るためのスリーブ」まで装備した3重スリーブでやっています。インナースリーブはつけていません。3重スリーブをするようになって、個人的にはかなりファローシャッフル*2がやりやすくなったのは確かな利点ですね。慣れればかさばりません。対戦相手にはたまにかなりシャッフルしづらそうにしている方いますけど、申し訳ないこれが僕のBESTなんです。。

  

  

 

 

*1:デュエルマスターズやってる頃はフェイトちゃんのスリーブが出る度にそれを買い続けていました。今ではフェイトちゃん縛りも無く、何でも買っています。未だ使っていないキャラスリの多いこと多いこと。

*2:カードゲーム界で最も良いと言われるファローシャッフルですが、東田は未だに横向きはやりづらくて縦でしかできません。そこは許していただきたいです。

ネタバレは悪いことだとみんな言うけれども

僕のスタンスとしてはネタバレはなんでもOKで、なんだったら自分から情報を集めていくタイプです。何が起きて誰がどうなって誰が死んで誰が犯人でどういう結末を迎えたのか、最初から最後までのすじを調べてから本編を見た読んだこともあります。それでも僕にとっては何も面白さは損なわれていません。

 

たとえば、「女の子がお母さんにお使いを頼まれたので、スーパーまで歩いていたら石につまづいて転んで泣き出す」というストーリーの御話があったとして、そのストーリーを知らない僕が友人に「女の子が泣くよ」と結末を知らされたとしましょう。その情報でこのお話のことがどれだけ理解できますかね?果たしてこのお話は泣くことを「良いこと」として描いているのか「悪いこと」として描いているのか、それさえもわかりません。そんなことは関係なく女の子が泣くことの悲しさを表しているのかもしれませんし涙の美しさ泣き顔の可愛さを伝えたいのかもしれない。もしかすると女の子が泣いているのに誰も女の子に手を差し伸べない現代社会の他人への無関心さに警鐘を鳴らしたいという可能性もあります。さらに言えば、友人は「女の子が泣く」ことが結末だと思ったかもしれませんが、「石につまづいて転ぶ」のが結末で「泣く」のは蛇足・エピローグなのかもしれませんし、「泣く」のが結末でも大事なのは「お母さんにお使いを頼まれる」「スーパーまで歩く」ことの方なのかもしれません。ここで重要なのは友人がストーリーの全て「女の子がお母さんにお使いを頼まれたので、スーパーまで歩いていたら石につまづいて転んで泣き出す」を僕に伝えたとしても、このお話がどういう話なのかというのは本当はまったくわからないということなんですよ。結局のところお話っていうのは、実際に見て聞いて感じて考えなければワカランのです。仮に友人が、このお話がどういう話なのかの解釈を交えながら全てネタバレしたとしても、それは友人の解釈でしかないので、自分で見なければならないのは変わりません。

 

つまり僕はストーリーをあまり重視していなくて、ストーリーが導き出すモノ・ストーリーで表現されるモノを重視しているんですよ。主題はストーリーに優越するということです。ネタバレというのは基本的にストーリーにしか適用できないと思いますので、僕はネタバレに対しては無敵の人間なわけです。なのでネタバレに関しては鈍感です。流石に結末だったり重要な仕掛けをばらしてしまうのはイカンというのは理解できますので自分では気をつけているつもりですけど、まぁ根本的には大したことないと思っているので、このblogでも不意にネタバレしてしまうかもしれませんから皆さん気をつけてください。まぁ気をつけるのは僕なんですけどね。ネタバレのラインって人それぞれだから……。

 

しかし、最近ネタバレに対して敏感すぎる人多くないですか?ネタバレの幅が広いというか、「え?それもネタバレ認定しちゃうの?」みたいな。サクラダリセットの春埼美空の髪がショートなイラスト見て「ネタバレされた……あいつ髪切るのか」って言ってた人いましたよ。衝撃的でしたよ。それは潔癖過ぎでしょう。そんなしょーもないことまで白紙の状態で鑑賞することにこだわってもなぁ……。

何年か前にミュータントタートルズの映画の話をしていて「ラファエロが敵から逃げ出す時にいつの間にか敵が消えてて『あいつら何処行ったねん』って思った。」と話そうとして「ラファエロが敵から逃げ出す時に~~」と話し始めたら、その場のメンバーの一人から「ネタバレされた!最悪!」と怒られたことがありました。何時何処でどんな状況でどういう経緯で何のために逃げ出すのかを言わなくてもネタバレになるのか……と思った僕は素直に謝って、じゃあレオナルドのアクションのカッコよさの話をしようと「レオナルドが闘ってて~~」と話し始めたらまたその人に「またネタバレされた!こいつ信じられない!」と言われ逃げだされたという経験があります。正直「レオナルドが闘うっていうのがネタバレかよそりゃ闘うでしょアクション映画やぞ頭おかしいんとちゃうか?」と思いましたがグッと堪えて謝りました。まったく納得がいきません。責任者は何処か。

 

情報を受け取った側がネタバレだと思えばネタバレ。ネタバレが悪とされる現状ではまさに悪魔の論理。誰もかれもが加害者に成り得る状況ですよ。ネタバレ容認派の僕は民衆から「ネタバレを許すな!」と火あぶりにされる恐怖に慄きながら生きていくほかありません。嫌な時代だわ……。

 

結局「ストーリー」というモノに支配され過ぎなんですよ。ストーリーなんてモノは「女の子がお母さんにお使いを頼まれたので、スーパーまで歩いていたら石につまづいて転んで泣き出す」と書き出せる程度のモノで、本当に大事なものはストーリーの向こう側にこそあると僕は思うんですけどね。なんだか何が言いたいかわからなくなってきたのでこの辺で終わりましょう。以上、ネタバレが悪という風潮に対する愚痴でした。

 

 

 

閲覧数が1000に到達しました。

blogを始めて約2か月。ペースはよくわかりませんが、皆さんいつも読んでくれてありがとうございます。これからも細々と頑張っていきます。

 

アクセス解析によると、このblogのお客さんの由来は

  • Linkage*1 52%
  • 検索           40%
  • はてな       4%

らしいんですけど、数字足りなくない?残りの4%はいったい何処から……?

しかしLinkageに大分助けられているのがわかりますね。それでも始めたばかりの100%Linkage由来だった頃に比べれば検索でたどり着く人も増えてきてblogの成長を感じます。まぁ文章力の向上を感じられないのが残念ですが……

 

今のところよく検索されている記事は

ですね。次点で赤単リル。3止めあーやは2位のコントロールロイヤルをダブルスコアで上回っているので、このblogでは一人勝ちです。みんなそんなにlostrage好きか。幼女だからか。

*1:WIXOSS Linkageというデッキ作成サイト。

4月8日WIXOSS PARTY参加してきました!

最近、というか今年に入ってから毎週のようにWIXOSS PARTY参加してるなぁ……

使用デッキはlostrage感を出したいので前週に引き続き赤単真実リル。他にlostrageのデッキは3止めあーやしか無いので、あまり選択肢が無い。参加人数は11人。

 

 

1戦目 レベル5エルドラ 〇

修復、DYNAMITE、バーストラッシュと、今回の繭の部屋が直撃したエルドラさんでした。序盤からユリカマフンババリリアナで攻めていけたのが恐らくハマって、相手がレベル5に乗った時点でライフ1枚だったのが大きな勝因になったと思います。山札を仕込んだ状態でデメニギスシロナクジと並べられましたが、火竜点睛とダブルチャクラムで処理して返しにギルガメジ通って勝ち。対戦後に「エルドラ今回の繭の部屋ひどい目にあいましたねー」と話しかけたらまだ知らなかったようで取り乱していました。いつも落ち着いてる方なので珍しい姿を見られましたね。

 

2戦目 戦慄アン 〇

コンテンポラスイボクマウスの盤面がかなり厳しかったんですが、火竜点睛で吹っ飛ばす×2、ひたすら戦闘でコンテンポラスイボクを殴る、スペルで焼く、を繰り返して相手の白エナが無くなるのを待ち、最終的にスイボクを殴ってからリリアナで盤面を開けて勝ち。これが通らなかったら引き分けでした。序盤から攻めて行けたことと、相手がエナ管理を失敗していたことが勝敗を分けました。相手も攻め手が無かったようなのでどうせ引き分けなら…と勝ちを譲られた感もあるw

 

3戦目 4タウィル ×

先週トーナメントの決勝で当たったタウィルに、雪辱を果たされた形になりました。レベル4に上がった際にライズを引けず、1ターン攻め手が遅れたのが痛かった……。ムンカルン×2でしっかり火竜点睛をケアされ、そのまま敗北。多少無理をしたとはいえ、前半はほぼ先週と同じ流れだっただけに残念な結果です……。

 

 

4戦目 レベル5緑子 ×

ゲームをリードしてたのは僕だったはずなのに敗北。いきなり日進月歩が飛んできて驚きました。アーツ4枚抱えてたんですが……。火竜点睛でギルガメジを出せばパワー25000の最強ギルガメジが出来ていたので、多少のパンプには対応できるぜ!と思ってたらマンモフラミー起動日進月歩でパワーライン40000ぐらいになるしアーツ効かないしでどうしようもなかったです。気持ちの良い負けでしたね。

 

戦績 4戦2勝2敗

新しいデッキを作りたい……と切に思いました。今のところ脳内構築段階のデッキはあるにはあるんですが、ストレージからカード探すのがめんどうくさい。

2017年1月期アニメ完走タイトル

だいたい面白かった順。まぁ一番下のタイトルが面白くないのかというとそういうわけでもなく、本当に面白くないなら見てないので、僕が何かしらの面白みを感じていた作品がここでは挙げられているはずです。僕はネットでアニメ見たりはしないので、ここ南の僻地・沖縄でテレビ放送してるモノだけです。BS無かったら詰んでた。

1月期と言いつつ10月期に始まったものも混ざっていますが、そこは終了時期を合わせたということで。

 独特な雰囲気が良いです。OPも良い。

毎週楽しく見てたんですが、どこが面白かったのかと今考えてみたらなんだか言葉にならない。王位継承のゴタゴタがずっと根底を流れていて、誰が何をやっても不穏な空気になるというのにはゾクゾクしてましたが、ピンときませんね……。 テンポは淡々としつつも色んな事が静かに進んで飽きさせず、最後にどんでん返して綺麗に終わって文句のつけようがないな、という感じ。うん、やっぱり、人と人が話している時の空気が好き、というのが近い。空気に色んな思惑や色んな感情が滲んでいて。

 1話が凄まじく面白かったんですが、通してみるとそこまでの期待には応えられなかった感がありました。人を平等に扱うということは、人と人との違いを無いように扱うことじゃあない、というマインドは素晴らしい。人間なんてみんな違うんだし。人の一部を見てその人のことを決めつけるのは良くないですが、その一部もその人を構成する大切な要素なのもまた事実。木のことがわからなければ森のこともわからない。真にその人と向き合うというのはそういうことだと思います。

体の一部だけを映すようなカットが多いアニメでしたが、まさにそのことを象徴するようで映像作品として面白かったです。まぁそんなこと関係なくひかりちゃんカワイイよね!カジカジされたい。

 自分とは違った相手との日常という風にくくると亜人ちゃんと似た話かも。ただメイドラゴンは世界を滅ぼせるぐらいに「違う」異種族なので、亜人ちゃんよりもコメディ時空だったなと。僕は滝谷君とファフニールが好きで、突然押し付けられたファフニールと自然に暮らせてる滝谷君は大物ですよ。ドラゴン側が生活スタイルを人間に寄せて譲歩しているわけですが、人間側だって譲歩しているはずで、そういう異文化コミュニケーションを良しとするか、それとももっとありのままの姿を受け入れなければならないのかはわかりませんが、その譲歩の先にファフニールさんが滝谷君を当たりと評した絆が、ずっと続いていくと信じたいですね。

ALL OUT!! オリジナルサウンドトラック

ALL OUT!! オリジナルサウンドトラック

 

  これはアニメ見てすぐ原作買いに走りました。1期2期ともにOPが良くて、ラグビーの「全員が主人公」っていう所を綺麗に表現してて感動します。どちらかというと1期OPが好き。原作10巻(アニメ最終回)で籠コーチが「人の心を動かす『花』は彼ら」と言いますが、このセリフが1期OPからのフィードバックだったらすごい。サビ前まで動きを抑えてためて、サビでラグビー始めて一気に解放するの気持ちいいですよね。それだけに本編のラグビーがマンガのコマにそのまま音声付けたの?と思ってしまうぐらい動きが無くて迫力にかけるのがとても惜しいです。原作のマネージャーはびっくりするぐらいかわいいのでそれも惜しい(マジでびっくりしました)。個人的にOPはACCAと並んで今期1番。

 こう言うと怒られるかもしれませんが、個人的には今期の頭空っぽ枠*1の一つで幼女が戦場を蹂躙するのを何も考えず楽しんでました。中身おっさんなんでしょ?と原作は敬遠してましたが普通に面白かった。しかし神様は幼女に構い過ぎじゃないですかこのアニメ。しかも完全に間違った構い方では…?あの構い方で信仰心を持てるようになるわけないじゃん……。幼女も幼女で、信仰心を持たない人間は転生させないっていう前提があるのに、「劣悪な環境に放り込んで神への信仰心を持たせる」という神からのお情けをガン無視してるのがよくわからない。あのおっさん生まれ変わりたくないわけじゃないんですよね?2話の言い様だと僕はそう受け取ったんですけど……。幼女さんの好きな理で考えると、信仰心は持つ以外の選択肢無いのでは?なんであんなに存在Xを嫌悪しとるんや……僕には幼女は「合理性」という神を信奉してる信徒なので他の神に宗旨替えはできない、ってヒスってるようにしか思えないんですけど、合理的な思考ってそういうんじゃないと思うんですよね……

 わちゃわちゃ姦しいOPが癖になる楽しさ。Fullで聞くともっと楽しい。歌いだしを間違えるサターニャ可愛いです。

今期の頭空っぽ枠の一つ。悪魔組の可愛さを愛でるストレスフリーなアニメでした。しかしヴィーネは良い子でしたね…良い子過ぎて悪魔的にはダメという悲しさはありましたが……。でもそのへん里帰り回で思ったんですけど、天使組は里帰りしても両親が家で迎えてくれない(不在でした)のに、悪魔組は家族で食卓を囲むという家庭の温かさを見ると悪いことしないといけないっていう悪魔のルールがしっくりこないですよね。魔界の人たちは悪魔廃業した方が良いんじゃあ……。

 今期の頭空っぽ枠の一つ……って東田さん頭空っぽにしすぎである。

実は1期は見てない。まぁそれでも特に不自由は感じなかったですね。僕は正直アクアは嫌いですが、4人での大騒ぎは楽しいモノでした。というかまぁそれ以外には言うことがない。 

 ところで僕はクロ役の高垣彩陽さんの大ファンです*2。作品に対する姿勢や見方が、とても素敵なんですよ。声優としてというよりは人として、尊敬しています。まぁ僕は高垣さんが出演してても、アニメ自体を面白くないと感じたら見なくなっちゃうので、出演作に最後まで付き合えるとそれだけで幸せな気持ちになります。と、言いつつこの作品で好きなのはマムシでしたけど。マムシが幸せになってくれればそれで……。柔造アニキかっこいいよ。

マムシさんは達磨さんを信じたくて、まぁ愚かなことをしましたけど(正直この人ちょろすぎね?って思いました。)、それは自分を信じたい燐と通ずるところがあるのかなーと思いながら見ていましたが結局何も考えつきませんでした。 

 これほど1期で終わっていれば良かったのでは?と思えたモノは最近ではないですね。私はそこらのバカと違って陰謀を張り巡らせていますよ、2手3手先を読んでいますよ、って顔をしていた奴が、自分に都合の良い夢を見ていただけというのはあまりにお粗末。深く物事を考えない主人公が一番理知的に見えるんだからなぁ。ストーリーも散発的で、一本筋の通ったお話になってない印象です。

 キャラクターの言動にとても生身の人間とは思えない気持ち悪さを感じました。CGも違和感バリバリではありましたが、これはそれだけのせいとは思えない。セリフも空回ってるし動きもぎこちなく、キャラは上滑りしてて寒い。戦闘もなんだか紙人形が戦ってるみたいに重みが無いし。最後の敵も独善的というか、それ目的に対して行動が噛み合ってないんじゃない?と言いたくなる。「噛み合ってる」とは主人公の口癖ですが、それは何かの皮肉か?と思ってしまうぐらい噛み合ってないアニメですよ。……なんで僕はこれ見てたのかわからないぐらい酷評してる気がする。面白かったところってどこだろう?わかんない。

通行人の描写にやたら力入ってますが、それだけは自然だった。

 かわいい女の子がなんかやってる。毎週見てたはずなのに他にはさっぱり。まぁ惰性で見てたシリーズですね。上のハンドシェイカーも然り。

同じ頭空っぽ枠のこのすばは無目的に日常生活送っているだけなのにちゃんと中身があるなと感じるのに対して、一応一番占になるっていう目標があってそのために皆頑張るっていう道筋があるのに中身が無い感じがする不思議。

 

 

あれ?なんか割とマイナスなこと言ってる作品が多いですね……最期の二つ以外は面白かったんですけどね。おかしいな。

まぁ後はテイルズの最終回が間空くみたいなので待ち。昭和元禄落語心中を、多分重要な部分を見逃してしまったんですけど、八雲師匠が色んな荷物を降ろさないまま穏やかに迎えた最期にはグッと来ました。バディファイトと遊戯王、バトスピは虫食いだらけではあるけど一応最後まで見ました。なんか録画忘れるんですよねー。遊戯王ARC‐Vはシンクロ次元編だけは面白かったので今5D’s見てます。バトスピは最終決戦見て情けなくなったのでついソードアイズとブレイブの最終戦見ましたが重厚なバトルに泣きたくなった。テレビ局変わってから劣化著しいなぁ。RewriteCHAOS;CHILDはHDDの肥やしになっているのでいつか見る予定。全然関係ないけど世紀末オカルト学園を最近やっと見ました。懐かしきアニメノチカラ

 

*1:頭空っぽにして見ていられるストレスフリーな作品。よく「ながら見」します。

*2:青エクの特別番組(アマエク)に出てる高垣さん目当てでAmazonプライム会員にもなりました。

A1になりました。

バハムート降臨環境でかなり勝ちあぐねていましたが、神々の騒乱でけっこう勝てるようになりました。あわや降格……ぐらいのポイントで足踏みしていたので感無量です。まぁまだ環境が固まってないというか手探りな部分があるでしょうし、環境が激変した隙を突いたということなのであまり胸を張って喜べませんが。当初はルミナス騎士団の旗印で遊んでいましたが、現在は援護射撃を試作中です。

しかし今の環境トップって何なんでしょうね?僕の視界からだと「力比べイージス」「ランプドラゴン」「アグロネクロ」が多い気がします。ドロシーとか見なくなりましたね。まぁ他はともかく「ランプドラゴン」にはマジ勝てない。元々バハムートをほいほい投げつけられるのが苦手でしたが、全体除去はライトニングブラストが増えた上にウロボロスの果てしなさを前にして沈黙するしかないレベルになったような。

 

4月2日WIXOSS PARTY参加してきました!

いつも行ってるお店とは違うところのWIXOSS PARTYに参加してきました。トーナメント制で、参加人数は6人でした。くじ引きの結果シード枠?で2回勝てば優勝ということに。使用デッキは赤単真実リル。

 

1戦目 戦慄アン 〇

 序盤良いタイミングでオダノブLBが捲れてくれて、ユリカマフンババで大量得点できました。チェロンが面倒でしたが、リリアナがうまい具合にアーツ要求できて良い流れ。コンテンポラに対しても戦意の方舟を採用しているおかげで対応しやすく、ギルガメジリリアナで押し切れました。

 

2戦目 4タウィル 〇

ここでもオダノブLBがうまく捲れてくれて、こちらの先攻ターン目でユリカマフンババで大ダメージという流れができました。その返しに火竜点睛で盤面吹っ飛ばして、面倒なクトゥルコールを吐かせることに成功したことが勝ちにつながった気がします。後はひたすらギルガメジリリアナオダノブ立て続けて勝ち。危うくシュブニグラを先に戦闘で処理してからリリアナパンチ…という流れを見落として負けるところでしたが、相手が気づいて指摘してくれて助かりました(実質負け疑惑)。

 

 

 

というわけで優勝しました!

とにかくライフバーストが強く、ユリカマフンババが機能しまくったのが勝因ですね。リルはエンキドが登場してかなり安定しているように感じます。エンキド単体もそうですが、ユニークを使いやすくなったのが安定性に拍車をかけているような。

実は今回サルトビをピンで投入してしたんですが、全く活躍しませんでした。まぁピン投じゃあね。一応意図としては低レベル帯の火竜点睛で8000以下を吹っ飛ばしたい時用と、ギルガメジのライズ元が複数必要というメリットを最大限活かすため、だったんですけど。