読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眠る前に2杯だけ。

カードゲーム(WIXOSS)やアニメマンガ小説についておしゃべりします。

軸と型

これはWIXOSS Linkageでデッキを公開していた時はタイミングが無かったので書けなかったんですが、自分のblogを持ったことでようやく書きたかったことが書けます……!

 

 

書きたかったことというのは、デッキの名前の付け方についてです。

僕がデッキにつける名前には大きく分けて4つのパターンがあります。それが

  1. デッキを構成する色+〇〇
  2. なんか中二病っぽい名前、らしい名前を個別に考える
  3. ✖✖軸+〇〇
  4. ✖✖型+〇〇

の4つです。〇〇にはそのデッキのメインギミック、大まかな傾向が入ってきます。コントロール、ビートダウン等、WIXOSSだと基本的にルリグ名が入りますね。1,2に関して言えば特に言うことは無いんですけど、3と4、「軸」と「型」については、実は明確に使い分けてるんですけど、完全に自分ルールというか、ニュアンスでしかないので一度僕がどういう意味で使い分けてるかを言っておきたかったんですよね。

 

まず「✖✖軸」の場合ですが

  • ✖✖を中心にしてデッキを考えた。

そして「✖✖型」だと

  • 何か他のカードを活かすために✖✖を使用している、あるいは活かすために使用しているカードの中で特徴的なものが✖✖。

という風に使い分けています。簡単に言うとスタート地点にあるのが「軸」、ゴールにあるのが「型」という使い分けですね。たとえば先日公開した「ケモナーピルルク」だと、「ピルルクZを活かすために穿孔を採用している」デッキなので「穿孔型ピルルクZ」になるわけです。ここは「地獣型」「地獣クロス型」「クロス型」でもいいんですけど、その中で一番特徴的なのは穿孔ですよね?まぁこのデッキの場合は2番の「らしい名前」もついてるんですけど。

 

対して昨日公開した「サクラ金木犀 レインボーアート軸」は「レインボーアートを使うために構築したデッキ」なので「軸」が使われているわけです。逆に、このデッキを作る際に、サクラ金木犀というギミックと相性の良いカードとしてレインボーアートを採用していた場合「サクラ金木犀 レインボーアート型」になります。

 

こうして考えると「ルリグからデッキを作る」と「型」、「ルリグ以外からデッキを作る」と「軸」という風にも言えますね。

 

いかがでしょう?正確な日本語か?と言われるとまぁ言葉を濁すしかありませんが、僕はこういうつもりでデッキ名をつけています。これを知っていると僕のデッキ紹介がよりわかりやすくなるかと思いますので、ぜひ頭の片隅にでもおいてやってください。

所持デッキ晒すよ! ③サクラ金木犀 レインボーアート軸

言わずと知れた東田さんのメインデッキ!

デッキ名: サクラ金木犀 レインボーアート軸ver6 (14弾仕様模索中)(アーツ迷走中)
作成者: higashida
(デッキ作成サイトで見る)
ルリグデッキ
【ルリグ】
1×《タマヨリヒメ之零》
1×《焔 タマヨリヒメ之壱》
1×《轟轟 タマヨリヒメ之弐》
1×《火銃舞 タマヨリヒメ之参》
1×《金木犀の巫女 タマヨリヒメ》
【アーツ】
1×《龍滅連鎖》
1×《炎得火失》
1×《アイドル・ディフェンス》
1×《レインボーアート》
1×《アイスフレイム・シュート》
メインデッキ
【シグニ】
2×《弩砲 ゴルドガン》
2×《羅植 カーノ》
1×《幻獣 ベイア》
4×《サーバント O2》
4×《小剣 ミカムネ》
1×《極剣 ロクケイ》
2×《幻水 スズメダ》
【スペル】
2×《堕絡》
1×《TRICK OR TREAT》
1×《無垢なる宝剣》
メイン(ライフバースト)
【シグニ】
3×《小砲 アルマイル》
2×《羅石 スイカリン》
3×《弩砲 アヴェンジャー》
4×《羅稙 サクラ》
3×《サーバント O3》
2×《聖火の祭壇 ヘスチア》
2×《先駆の大天使 アークゲイン》
【スペル】
1×《炎斬の巨刀》


これはver6ですが、15弾のカードを投入したver7が結果を出せず消えて行ったりしました。

このデッキの始まりは「レインボーアート」が登場した時でした。
【シングルカード】限定)レインボーアート/無色/PR PR-120
まず、面白いカードですよね。「カードゲーマー」の読者が原案を出したというのも面白いですし、特に使いたくなる効果をしています。じゃあこのカードを無理なく使えるルリグってなんだろう?と考えてすぐに出てきたのが金木犀でした。
金木犀の巫女 タマヨリヒメ(ルリグレア) ウィクロス ステアードセレクター(WX-02)/シングルカード
世間的にはもしかしたら花鳥風月遊月とかの方が候補に挙がったかもしれませんが、僕はほぼノータイムで金木犀でした。僕にとっては金木犀は色バランスを崩しても作りやすいルリグだったんですよね。
WIXOSS wikiには、金木犀のページでこう書かれています

グロウコストも起動能力にかかるコストも複雑であり、構築段階の時点でメインデッキの色配分が非常に難しい。

これね、1度でも作ってみたらわかります。すげー簡単です。まず僕は2弾発売当時で金木犀とアークゲインが5枚当たりまして、フィーリングでさくっと作ったデッキが
落星の炎球4
スワロウ4
キジ4
サーバント10
残りは天使
っていう雑なデッキだったんですけど、グロウ事故を起こしたことは全然ありませんでした。ノーパンされてもグロウできたぐらいです。だからむしろ、サーバント多めとはいえルリグ色以外の色をこれだけ入れても成立する金木犀の懐の深さに感心したものです。ただ当時は僕が主に相手していたのは友人の3止め花代で、彼の「ゲインは無理」という泣き言があまりに響いたのでデッキを封印しました。まぁゲイン4枚入ってて金木犀のサーチまであって、必ず出てくるし、そりゃあ無理だと僕も思いました。2弾環境だと満足に防御もできないですからね。

しかし、その封印をレインボーアートが破ったわけです。

そこから2弾ではいなかった金木犀と相性の良い「羅植 サクラ」さらに「堕落」とチョイスするとレインボーアートで対象にする緑のシグニ・スペルが決まったので、手軽にパニッシュできる「アヴェンジャー」を採用してウェポン軸に……とすんなり組んでいけました。


そのデッキが新弾が出るたびに少しずつマイナーチェンジを繰り返していって、その最新版がこれです。ver7のことは忘れてください。
持ち味はサクラを絡めた驚異的なエナチャージ力とレベル4時の盤面の豪華さ。特にエナチャージ力は自分の中のアドバンテージという概念をぶち壊すほどで、他のデッキ使うとき困ります。……だってサクラ3面並べてレインボーアート使うと手札とエナが2枚ずつ増えて相手盤面が2面空くんですよ?おかしいよね。レインボーアートじゃなくてもサクラが2体以上並んだ時のエナチャージは凄まじいものがあって、これにカーノが絡むとかなりテンション上がります。サーチが少ないのはご愛敬で、そういう時はロクケイ→ゴルドガンでお茶を濁します。サーチが少なくても金木犀の出現時と合わせれば引いてたカードで十分強い盤面が作れるのが良いところです。一番の問題はアタック時除去が無いことで、今後のカードプールに期待したいです……まぁイカ入れりゃ良いんですけどね。

アーツはサクラのエナチャージ力を信じて高カロリーなアイドルディフェンスと龍滅連鎖。アイドルは8エナでも使います。アイスフレイムは高カロリー低カロリー両立できていい感じですが、ここは環境に合わせて保湿成分と変えたりします。保湿は昔AMS3面カツレツロックユーのカツレツにカットイン保湿✖6で凌いで優勝した思い出があってなぁ……そして序盤の除去に炎得火失。炎得火失は神カード。

カードゲーム遍歴~思い出話~

現代日本の男の子らしく、今までたくさんのカードゲームに触れてきました。列挙してみると

と、こんな感じ。東田には同い年や年の近い従兄弟が多く、だいたいその連中とカードゲームしていました。ちなみに従兄弟は東田と比べて圧倒的にカード資産があったので強かった……東田少年はお小遣い的なものは全くもらっていなかったので資産なかったのです。

 

一番最初に触ったカードゲームは小学2年生の時のポケモンカードでした。何かの折に両親からスターターデッキを買ってもらったのですが、今にして思えばあの収録内容はひどいの一言で、僕の記憶が正しければ各種エネルギーカード5枚ずつと種も進化も全然かみ合わない色もバラバラなカードがごちゃごちゃと50枚くらい入っているだけでした。どうスタートしろと?って感じですね。しかし何も知らない東田少年はカードに触れているだけでけっこう楽しんでいました。というかルールブックもついてなかったので本当に何も知らなかったです。……マジでスタートさせる気がないのか?後にジムリーダーデッキ(構築済み)で始めた妹が強かった思い出…ちゃんとしたデッキだったんだよな……。子供らしく所持カードも構築のいろはも何も無く持ってる好きなカードを入れまくっていましたが、メインで使っていたのは「わるいポケモン」のみで作った「わるいデッキ」でした。悪に憧れる年ごろだったのです(東田は今でも悪役贔屓)。「ボスのやりかた」とか名前だけでワクワクするカードでしたね。

 それと並行して普通に遊戯王カードもやりました。使っていたのは「悪魔族を強化して殴るデッキ」としか言いようのないデッキでした(切札はゼラ)。

 実に小学生らしくて今ではあんなデッキは作れないですね。しかし忘れもしない小学5年生のハロウィン(児童館のイベント)で何者かにデッキを盗まれるという悲劇が東田少年を襲い、決闘者としての東田は死にました。。泣きながら家に帰りました。。それ以降遊戯王の記憶がありません。やめてはいないはずなんですが、何を使ってたんだろう…?まぁ従兄弟たちとは「迷宮バトルロワイヤル」みたいな変則ルールで遊ぶことが多かったので、デッキパワーが無くてもあまり困らなかったのは良かった。その数年後、従兄弟から要らないノーマルカードを大量に貰い「シモッチによる副作用」を軸にしたバーンデッキを作るまでを「遊戯王暗黒期」と呼んでいます。

 

 

東田はコロコロコミック読者だったのでMTGもやりました。小学5、6年生ですね。正直、切札勝舞君が何をやってるのかはワカラン部分が多かったのですが、やたら面白かった記憶はあります。難波金太郎戦とか、良かったよね。お母さんが深夜まで内職してデッキを買ってきてくれたエピソードとか泣けるわ……。兵士クリーチャーをデッキからリクルートして展開する構築済みデッキで始めたのですが、まぁ今ならよくわかるのですけど当時の自分は強いと思えず、どんなカードだったかよく憶えていないのですがロック系のバーンデッキを使っていました。

 

 

しかしMTGをやっていたはずの漫画が何故かオリジナルのカードゲームをやり始めたので流れるようにそちらのカードゲームも始めました。デュエルマスターズですね。これはバジュラが出た弾(多色が出る直前)までやりました。主に使っていたのは青黒除去コン、サバイバーです。

 よく一緒に遊んでいた友人がいたのですが、彼は僕のデッキのメタを張るのがすごく上手くて全然勝てませんでした。というか今にして思えばデッキの完成度も向こうの方が高くて、当然と言えば当然の結果でしたね。ポケモンカードも一緒にやってたんですがこれもマジで勝てませんでした。東田の「フーディンでダメージコントロールしてプクリンのともだちのわを叩き込む」デッキがメタメタにメタられてて感心しましたよ、えぇ。

彼とはカードゲーム絡みで大喧嘩して数か月冷戦を繰り広げて周囲の友人を困らせた思い出があります。

 

 

ゾイドバトルカードゲーム」もやりました。まぁこれはやったと言ってもほぼスターターのみだったのでやった内には入らないかな?ボードゲームとカードゲームが融合した斬新なカードゲームだったと思うのですけど東田の周囲ではそもそも売ってる所が全然無かったような。やってる人もいなかったです。もちろん(?)東田は帝国軍を使っていました。 

 高校生になってからはそもそもカードゲームを買わなくなっていましたがそんな中で「金色のガッシュベルカードゲーム」を始めました。自分のデッキの順番を完全に決めるという運命力に自信のない人にはうってつけのゲームでしたね。なんだったら今から本格的に始めても良いぐらい面白かったです。東田は構築済みの「ゾフィス」を軸に「千年前の魔物デッキ」を使っていました。

金色のガッシュベル!!THE CARD BATTLE BATTLE OF THOUSANDS

金色のガッシュベル!!THE CARD BATTLE BATTLE OF THOUSANDS

 

 その後デュエルマスターズに復帰を果たすのですけど、先日その辺りの経緯を友人と話してたら食い違いがありました。僕は普通に友人と昔やってたカードゲームの話をしていたらデュエマなら家にあるよ、やる?みたいな流れだったと思ってたんですけど、友人曰く「百物語を友人宅でやった時の待ち時間用の暇つぶしとして東田が持ってきたのがきっかけ」らしいです。正直???です。まぁその後近所のコンビニの駐車場で散乱しているカードを拾ったことで最新のカードを知り、新しくカードを買い始めたりしたのでこれがきっかけということにしても良いかもしれません。

 なんだかんだ言ってこの頃は子供時代と大して変わらず、構築のいろはも知らず手元にあるカードでデッキを組んでいたのですが、ある時友人の一人がシングルでカードを買ってきて状況が変わりました。まさに禁断の手段。それに手を出すか……!と戦慄したものです。ここで子供時代に別れを告げ、本格的なカードゲームの世界に足を踏み入れたと言っても過言ではないでしょう。そして子供の頃とは違って僕らには金も知恵もあり、さらにはインターネットというものがあり、様々な情報を仕入れることができました。対戦動画の存在もこの時に知りました。

 そこから今までカードゲーム人生が続いています。

WIXOSSがリリースされるまではずっとデュエルマスターズやってました。いきなりシングルカード買ってきた友人とは今も一緒にWIXOSSやってるので長い付き合いになったものです(カードゲーム歴的に)。

デュエルマスターズは長くやっていたので、こういうデッキを使っていた、というのは一概には言えないですが、僕は「必ずデッキには進化クリーチャーを入れる」とプレイヤーとしての自分をセルフプロデュースしていたので、だいたいが「進化クリーチャーテーマデッキ」でした。その中で一番傑作だったデッキは「グレイトフル・デッド軸シノビコントロール」ですね。これはもう本当にずっと使ってました。

 デュエルマスターズをやっていたので雑誌の「カードゲーマー」を購読していたのですが、そこで新規TCGの「WIXOSS」の記事があり、それを読んだ東田が「これは面白そうだ!」と構築済みデッキ3種を買ってきて友人2人に1つずつ渡したのがWIXOSSの始まりでした。いや、あの時はデュエルマスターズから乗り換えることになるとは思って無かったなぁ……。

そしてパズドラTCGTCGの終わりに立ち会うのは初めてでしたよ。。なんて言ったらいいか…職場の後輩?がパズドラTCGをやっていて、面白そうだったので始めました。大した理由は無いですね。こちらからはWIXOSSを勧めたらそちらも始めてくれたので、お互いに布教しあった形です。残念ながらパズドラTCGは終了してしまったので、今ではそのメンバーも一緒にWIXOSSをやっています。

 デッキ構築段階から、デッキのドロップのバランスを考えたり、ゲームの進行で変化するデッキ内のドロップ数を考えたりと、ドロップの概念がなかなか独特な面白さのあるゲームだったんですけどね。僕は水闇2色の「闇カリンコントロール」を使っていました。水闇2色というか、モンスターは水で染めて副属性に闇、闇のスキルを意識して多めに投入して水ドロップ確保する、って感じです。

 と、まぁ僕がやってきたカードゲームはこんな感じです。いろいろやりましたけど、大会に出たりしたのはWIXOSSが初めてでしたね。僕らは思いっきりカジュアル勢だったので、「大会なんてガチ勢の巣窟!怖い!」という偏見があって……でも一度WIXOSSツアーに出てみると、案外僕らでも勝てるんだな、と認識を改めまして、それからはちょくちょく出ています。

 

※追記

あ、シャドウバース書くの忘れてた。まぁこれは従兄弟がやってたので始めました。従兄弟がやってるカードゲームはやるのが少年期からの東田スタイル。

所持デッキ晒すよ! ②シャフリ型3止めあーや


デッキ名: シャフリ型3止めあーや
作成者: higashida
(デッキ作成サイトで見る)
ルリグデッキ
【ルリグ】
1×《あーや !0》
1×《ぱわふるあーや!Ⅰ》
1×《ぐれーとあーや!Ⅱ》
1×《すーぱーあーや!Ⅲ》
【アーツ】
2×《ブレイクスルー・ブルー》
1×《リセットラップ》
1×《インベスト・チャージング》
1×《デッド・ゲート》
1×《ダブル・チャクラム》
メインデッキ
【シグニ】
4×《小罠 ブラクラ》
3×《小罠 ネズコゾ》
4×《中罠 コンルス》
2×《大罠 ワンクリック》
【スペル】
3×《THREE OUT》
4×《PRANK》
メイン(ライフバースト)
【シグニ】
2×《小罠 ケシオトシ》
2×《大罠 ルパンヌ》
4×《千夜の五夜 シャフリ》
4×《サーバント O3》
4×《サーバント D3》
【スペル】
4×《SLASH OUT》

PRANK、SLASH OUT、THREE OUTのデッキを回転させる力をシャフリで攻撃力に変えるデッキ。

3止めでどうやって相手の盤面開けるよ…?と悩んでいた僕に友人がシャフリというアイディアを出してくれたのでそこから構築しました。ブラクラコンルスコンルスPRANKトラップ回収THREE OUTと動くと手札とエナが±0で場にブラクラとコンルスが残せるのでそこからシャフリ。シャフリの分手札は減りますが、手札1枚で1面トラッシュに送れると考えるとなかなか強いと思います。可能な限りこれを繰り返して全面トラッシュを目指します。かなりリフレッシュしますがそれほど難しくはないですね。


シグニ耐性を持った相手には無力なのでアーツでなんとかしたいところですが、あまり思いつかない……
あれ?なんか話すこと無いな…

コントロールロイヤル

f:id:higashida_san:20170215153147p:plain

f:id:higashida_san:20170215153251p:plain

 

現在シャドウバースのランクマッチで使ってるデッキ。A0までロイヤル一本で上がってきたので愛着はあります。ただA0になってから勝率が五分五分で全然BP稼げないので何かイノベーションが必要かもしれないですね。

 

当初は女の子しか入れないぜ!とこだわってたんですけど、アルベールの身も蓋もない強さに屈しました。一度アルベールに寝取られると他のオヤジも入れて良いかな…とどんどん意思が折れました。スニッピーガーデナーはロイヤルで一番好きなヴィジュアルなのでオシャレ刺し。デッキ弄るたびにスニッピーガーデナーを抜く誘惑に駆られるんですけどまだ耐えてます。

 

デッキ名に何か中二病くさいのが書かれてるかと思いますけど、これは僕の趣味です。

ちなみに「怪滅王と12人の星の巫女」というマンガから引用しました。まぁ普通の英単語といえばそうなんですけど。シスターキナコのセリフですね。

 

「怪滅王と12人の星の巫女」は絵もストーリーもそれほどおもしろくないんですけど、熱いセリフが胸に迫って僕は好きです。

2月11日WIXOSS PARTY参加してきました!

使用デッキはケモナーピルルク。参加人数は7人。途中参加で3人増えました。

 

 

  • 1戦目 不戦勝

いきなり不戦勝でした。不戦勝ってつまんないですね。ルリグ状況を見回したところ、

ナナシ

黒点(身内)

ハナレ(身内)

虚無ウリス

ピルルク

ミュウ(身内)

でした。色が偏っている……

 

  • 2戦目 ハナレ 〇

身内戦。でも久しぶりに会ったのでデッキ自体はあまり変わっていなくても新鮮でした。レベル3時点で穿孔+MKEヘヴンUNLUCKYの盤面だけだとわからない「隠れ3点要求」が通ってダメージレースで優位に立てましたが、4グロウ時に紲絆紲絆UNLUCKY穿孔AMSという手札で全く動けず。何も出さずにターンを渡し、一旦は水天暴風で守り。返しのターンでクロス引けたのでため込んだ紲絆でグルグルしてAMS2面+ランサーの盤面を構築、まぁその後もなんのかんのAMSで押し通して勝てました。AMSのシグニ耐性がハナレには刺さりました。やっぱり強いです。

 

  • 3戦目 純天使黒点タマ ✖

身内戦。この日は身内としか当たらず。俺はいったい何しに来たんや……

相手は勝てば初優勝なので気合が違いました…

デッキ構成的に相手のリフレッシュを狙うことはできないので、序盤から穿孔やUNLUCKYで攻めて行くか…とぼんやり思っていたら盛大に事故ってシグニを並べるのも苦労する始末。相手は順調にアークゲイン、黒点グロウまで進み、サクディスでゲインを飛ばしたワンチャンスを掴めずにゲイン✖ガブリエルトで負け。

 

成績

3戦1勝1敗(1不戦勝)

 

プレイングの問題はいつものことなので置いておいて、うまいことクロスが引けないという問題が露わになったので要調整ですかね。あとはUNLUCKYは夢があるけど残念ながら使いづらい。。

購入予定!

キャラクタースリーブ 『装神少女まとい』 草薙ゆま (EN-378)

キャラクタースリーブ 『装神少女まとい』 草薙ゆま (EN-378)

これは買うでしょ!

装神少女まといは久々にBD買っても良いなと思ったタイトルでした。放課後のプレアデス以来。(しかし買ってない)
「自分のために願うことはただの煩悩で、他人のために願うことこそ本当の願い」っていう価値観が好きでした。願いが綺麗に循環して、そうやって世界は回り、その先に自分の幸せがある。良いもの見させてもらいました。BDはいつか買うから今はキャラスリで我慢して!


さて、どんなデッキを作ろうか……東田は割とキャラスリからデッキを考えることがあるのでここは考えどころです。最近だと「ペルソナ3」の「アイギス」スリーブで「ロートレット軸カクシ連パン」を作りました。解説すると、レゾナでペルソナを、アイギスのロボット属性をアーム、ポンコツ感をトレットで表現したデッキです。「ペルソナ!」って叫びながらロートレット出します(自己満足)。特にWIXOSSはメインデッキとルリグデッキでスリーブを変えられるので、キャラスリ2種の関係性も表現できておもしろいです。

ゆまちんの持つ属性「魔法少女」「巫女」「キツネとたぬき」あたりから考えることになりますかね。「巫女」を取るとタマ、「キツネとたぬき」で地獣、とか?戦闘スタイルから「攻防一体」みたいなのも指針になるかもしれません。「巻き込み型」「お調子者」「友人」「思いやり」「献身」なんかもイメージの助けになります。しばらく考えておきましょう!